伊勝小学校事故 名古屋市昭和区伊勝町高齢者クラウンが突っ込む 現場の画像あり

 

6月11日午後6時55分頃、

名古屋市昭和区伊勝町にある、

名古屋市立伊勝小学校の校庭に、

乗用車が突っ込む事故が発生しました。

この事故でけが人で運転手の70代の男性が軽いけがをしましたが、

児童にけがはなかったということです。

事故現場の様子を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

名古屋市昭和区の伊勝小に車が突っ込む

 

11日午後6時55分ごろ、名古屋市昭和区伊勝町の市道で、乗用車が道路脇のガードレールとフェンスを突き破って市立伊勝小学校の校庭に突っ込んだ。
運転していた70代男性が軽傷を負ったが、校庭は事故当時無人で、けが人はなかった。
愛知県警昭和署によると、乗用車は丁字路の右から来た車を避けようとして、ハンドルとアクセルの操作を誤ったとみられる。
近所に住む同小出身の40代男性会社員はパトカーの音を聞いて現場を訪れ、「この時間だからまだよかったけど、子どもがいる時間だったらこわい」と心配そうに話していた。
参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/16603664/

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

車が突っ込んだのは、

愛知県名古屋市昭和区伊勝町2丁目100に位置している、

名古屋市立伊勝小学校の校庭ということです。

 

当時生徒は下校しており、

職員や児童はおらずけが人はいませんでした。

車を運転していた70代の男性が軽いけがをしています。

 

スポンサーリンク

 

事故現場の様子

 

スポンサーリンク


 

現場は信号機のない丁字路で、

車を運転していた男性側に停止の標識があったそうです。

車は直進した状態で道路を横断し、

学校のフェンスを破って校庭に突っ込んでおり、

操作を誤った可能性があります。

またそのほかの報道では、

丁字路の右から来た車を避けようとして、

ハンドルとアクセル操作を誤ったと判断しています。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

本当に生徒がいなくてよかったです。

下校時間だったら、大惨事となっていたでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。