澤田実さん顔画像特定!ロシア火山日本人死亡カムチャツカ半島カーメニ山とは

 

5月17日ロシアカムチャツカ半島にある火山、

カーメニ山で日本人男性の澤田実さん

死亡する事故が発生しました。

18日朝に連絡を受け、

救助しましたが発見当時既に亡くなっていたということです。

 

澤田実さんとは誰だったのか、

またカーメニ山とはどんな山なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ロシア火山カーメニ山で日本人が死亡

 

ロシア・カムチャツカ半島の地元政府によると、同半島中部のカーメニ山(4575メートル)で17日、日本人男性1人が登山中に滑落し、死亡した。1968年生まれの「サワダ・ミノル」さんだとしている。また、同行していた別の日本人男性2人は救助され、無事だという。
同政府によると、18日朝、通報を受けてヘリコプターで現場に向かったロシア緊急事態省の救助隊が、標高約3600メートルの場所で男性を見つけ、死亡を確認したという。
同山は休火山。遺体は近くのコズィレフスク村まで搬送されており、19日以降、同半島の中心都市のペトロパブロフスク・カムチャツキーへの搬送方法などを検討するという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000051-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

カーメニ山とは

 

カーメニ山とはどんな山だったのでしょうか。

 

参照元:ユーチューブ

 

 

カーメニ山はロシアの

カムチャツカ半島にある

標高4575メートルの火山です。

しかし現在は休火山のようですね。

 

スポンサーリンク

 

サワダミノルさんについて

 

現在亡くなったサワダミノルさんについて

わかっている事は、

1968年生まれの男性ということのみです。

カメニ火山はカムチャツカ半島では2番目に標高が高い火山ということで、

サワダミノルさんは他に20代と30代の方と

登山をしていたということです。

今回が4回目の登山でツアーガイドはいなかったということです。

しかし滑落し標高3600メートル付近で発見されました。

 

同行していた2名が3300メートルまで下山し、

衛星電話を使って救助を呼びました。

 

スポンサーリンク

 

追記(澤田実さんについて)

 

サワダミノルさんの漢字は

澤田実さんだそうです。

 

参照元:澤田実さんFacebook

 

澤田実さんFacebook

こちらが澤田さんのFacebookのようです。

6月1日までカムチャツカで登山をする予定だったみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 

これはただご冥福をお祈りしたいと思うとともに、現地の方の救助に感謝いたしたいと思うばかりと思う。現地の国民ですら普段立ち入る所では全くないので、
2次災害の危険もあったと思う。救助ありがとう。

 

カムチャッカ半島には多くの高山の火山がある事は地図みれば読み取れる。が、其処に行く手段が有ると言うだけでも話としてまず驚いた。
然し気象衛星画像見ると、アリューシャン方面で低気圧が末期の発達をして物凄い雲の渦巻きをあの辺りで良く見る。植村直己さんが2月のマッキンリーで下山中行方不明になったが、カムチャッカ火山も条件的には其れとそう変わらない気がする。遺体が見つかっただけでも良かった。ロシア側もある種の敬意を払ってる気がします。

 

リスクの高い登山は、自己負担で山岳保険のようなものに加入することを義務化するべきだと思う。

 

リスクがある事は承知の上でスリルを楽しむのが登山だし、まして危険な火山なのである程度の覚悟はあったんでしょうね。生粋の登山家なら山で死ぬのは本望なのかも知れないけど辛いのは家族や友人の方ですよ

 

富士山より高い山なんだ…
登山家やベテランでも亡くなる方が多いから、覚悟がいるなぁ…

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

亡くなったのは本当に悲しいことですが、

遺体だけでも見つかって本当に良かったです。

ロシアの救助隊の方にも感謝申し上げます。

また亡くなったサワダさんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。