笹井慧司顔画像特定か?経歴や所属は?宝塚市巡査長が通報で駆けつけ現金を窃盗

 

5月29日午後11時半〜30日午前2時頃の間に、

宝塚市内で、トラブルの通報で駆けつけた警察官が、

通報した男性の自宅にあった軽トラックから現金6万円を窃盗したとして、

宝塚署の巡査長の笹井慧司容疑者が逮捕されました。

笹井容疑者の手口や事件の詳細などについて調べてみました。

 

 

宝塚市駆けつけた警察官が現金を窃盗し逮捕

 

 兵庫県の宝塚警察署の警察官が、110番通報で駆けつけた現場で、関係者の車の中から現金を盗んでいたとして逮捕されました。
逮捕されたのは、宝塚警察署に所属する巡査長の笹井慧司容疑者(27)です。
警察によりますと、ことし5月、トラブルがあったという110番通報を受けて宝塚市内の駐車場に駆けつけた際、通報した人の知り合いの男性の車の中から現金6万円を盗んだ疑いが持たれています。
笹井容疑者は、男性が現場を離れる際、車の鍵を預かり、車内に現金の入った封筒があるのを見つけて一部を抜き取っていたということです。
警察によりますと、容疑を認めているということです。
兵庫県警察本部の北山正紀監察官室長は、「警察官が逮捕されたことは誠に遺憾で、事実関係を調査の上、厳正に対処する」とコメントしています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190821/2000019386.html

 

 

笹井容疑者の手口は?

 

 

笹井容疑者は通報を受けて駆けつけた住宅で、

現金6万円を窃盗したということですが、

どのような手口で窃盗をしたのでしょうか。

 

当時笹井容疑者はトラブルの通報を受けて、

被害者の男性の自宅へ行き、任意で事情を聞いていたということです。

その時笹井容疑者は男性から車の鍵を預かり、

他の署員がみていない間に、軽トラックの鍵を開け、

ダッシュボードに置いてあた現金入りの封筒を盗んだということです。

 

もともと笹井容疑者が現金がダッシュボードにあったことを知っていたのか、

捜査する際、封筒を開け中を見て初めて知ったのかは現在わかっておりませんが、

もしその封筒が銀行のものだとしたら、

現金があるのではないかと思ったのかもしれません。

「他の署員が見ていない間に」とあるので、

もしかしたら中を確認し持ち去った可能性が高いでしょうね。

 

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

事件が発生したのは、

この事件の被害者である42歳の男性の自宅がある

兵庫県宝塚市高松町です。

 

 

笹井慧司容疑者について,経歴や所属

 

現在までに判明している笹井容疑者についての

情報をまとめてみました。

 

名前 笹井 慧司(けいし)
年齢 27歳
住所 兵庫県伊丹市
職業 警察官
所属 兵庫県警宝塚署地域3課
階級 巡査長
容疑 窃盗

 

2016年4月に兵庫県警に採用、

同年9月から宝塚署に勤務

 

3年前ということは大学を卒業してからということですね。

現在どこの大学だったのかはわかっておりませんが、

県警の試験に大卒で合格するということは、

それなりに勉強はしてきたはずです。

こんなことをするために警察官になったのかと思うと

とても残念です。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現金がないのに気付いた男性が6月1日に被害届を出し、県警が調べていた。男性は毎日新聞の取材に「当初は『現金がなくなった』と言っても、まともに取り合ってくれなかった。(警察官が逮捕されたことには)怒りの感情しか湧かない」と話した。

 

2ヶ月半経ってやっと逮捕です。

まさか県警も署内に容疑者がいるとは思わなかったのでしょう。

しっかり罪を償ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。