佐野市殺人未遂事件 現場はどこ?イスラム教徒襲撃か?インドネシア人が怪我!

 

3月17日お昼頃、

栃木県佐野市の路上で、

インドネシア人の男性が、

何者かに刺される殺人未遂事件が発生しました。

現場は、イスラム教のモスクの近くということです。

 

ニュージーランドの事件後ということで、

イスラム教徒が狙われたのでしょうか。

事件の詳細や事件発生場所等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

佐野市殺人未遂事件発生

 

栃木県佐野市の路上で外国人の男性が刃物のようなもので襲われ、警察が捜査しています。
17日昼ごろ、栃木県佐野市のイスラム教のモスク「佐野マスジド」近くの路上で「知り合いがけがをした」と警察に通報がありました。
警察によると男性は外国人で、男に刃物のようなもので刺されたとみられ、男は現場から逃走しました。
被害者の知人によると男性は20代のインドネシア人で、事件後、自力で病院を訪れましたが、手の平を貫通する傷を負って入院したということです。
男性はこの知人に「刺した男とは面識がない」と話しているということで、警察は男性に詳しい状況を聴き、捜査する方針です。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190318-00000009-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

事件が発生した場所

 

殺人未遂事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

栃木県佐野市堀米町116-1にある、

イスラム教のモスク佐野マスジドの近くの路上

ということです。

こちらが実際に事件が起きた道路です。

イスラム教のモスク近くの事件となると

ちょうどニュージーランドの事件があった直後なので

少し不吉です。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件発生日/時間帯 3月17日/昼
犯行場所 栃木県佐野市米堀付近
犯行内容 刃物のようなもので手のひらを刺される

 

イスラム教のモスク「佐野マスジド」付近で、

20代のインドネシア人の男性が、

何者かに刺されたという事件です。

被害者の男性は、手のひらを貫通するけがを負っています。

恐らく襲われた際手で防ごうとしたのではないでしょうか。

 

イスラム教のモスクの近くというのがとても怖いですね。

容疑者は日本人なのか、外国人なのかはわかっていません。

また被害者の男性もイスラム教だったのかも不明です。

 

ニュージーランドの事件直後で

イスラム教関係の事件はとても怖いです。

被害者の男性と、容疑者は面識がなかったそうです。

模倣犯なのかそれとも無差別だったのか。

 

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者の情報があまり入手できませんでした。

新たな情報が入り次第更新していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。