佐久市乳児遺棄中込アパートで腐敗した乳児の遺体が発見 現場はどこだった?

スポンサーリンク



 

6月2日午前6時半頃、

長野県佐久市のアパートの植え込みに、

乳児の遺体が遺棄されているのが発見されました。

乳児の遺体はすでに腐敗していたということです。

遺体が発見された場所はどこだったのでしょうか。

 

 

佐久市中込で乳児の遺体が発見される

 

2日朝、長野県佐久市にあるアパートの敷地内でビニール袋などに入った乳児とみられる遺体が見つかった。警察が死体遺棄事件として調べている。
2日午前6時半すぎ、佐久市中込にあるアパートの植え込みに「乳児とみられる遺体がある」と清掃作業を行っていた地元の男性から警察に通報があった。
警察によると、遺体は身長およそ55センチ、体重およそ3キロの男の子で、衣服は身につけていなかった。ビニール袋と紙袋に包まれた状態で見つかり、腐敗が進んでいたという。
近所の人「この辺もアパートとか増えて住民の入れ替わりもかなり激しいので、ちょっとそういうのもすごく不安だなという感じです」
警察は司法解剖を行い、死因の特定を急ぐとともに死体遺棄の疑いで捜査している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190602-00000267-nnn-soci

 

 

遺体が発見された場所

 

乳児の遺体が発見されたのはどこだったのでしょうか。

 

参照元:NNN映像 

 

乳児の遺体が発見されたのは、

長野県佐久市中込の

マンションの植え込みということです。

 

 

腐敗が進んでいる

 

発見された乳児は腐敗が進んでおり、

死後数日経っているということです。

乳児が発見された以下のような状態で発見されました。

 

遺体は身長およそ55センチ、体重およそ3キロの男の赤ちゃんで、服は着ておらず、死後数日たっているとみられるということです。
通報した男性によりますと、遺体が見つかったのはアパートの植え込みのあたりで、佐久市の燃えるごみの袋の中に紙袋のようなものが入っていて、その中から手が出ていたということです。

 

こんな酷い話がありますか?

燃えるゴミ袋に自ら産んだ子供を入れて

放置するなんて考えられません。

 

衣服を身につけていなかったのは、

生まれてすぐ亡くなってしまったからなのでしょうか。

信じられない事件です。

 

 

追記

 

この事件で32歳の尾田麻綾容疑者が逮捕されました。

尾田容疑者については以下の記事でまとめましたので、

合わせてお読みください。

尾田麻綾容疑者乳児を遺棄した動機は?

 

 

SNSのコメント

 

辛いなあ。。。
生まれてから母の愛を感じることなく捨てられ腐敗までして。。。
かわいそうでならない。
次生まれることがあれば幸せになって欲しい。

 

この赤ちゃんに、少しでも幸せな時間があったと思いたい。

 

よくもまぁお腹を痛めて産んだ子を捨てるなんてことできますね。信じられない!世の中には産みたくても産めれない人だっているのに…
次に産まれてくる時はどうか幸せになってほしいです。赤ちゃんのご冥福をお祈り致します。

 

赤ちゃんかわいそうに…。
どうしてこんなことができるのか…。
育てられないなら、せめて殺さないで、幸せにしてくれる所に預けてほしいよ。

 

こういう事件は大抵新生児が遺棄されるパターンが多いと思うんだけど、この赤ちゃん身長55センチってかなり大きめだよね。
産まれたてなのか、暫く育てていたのか…謎。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

惨すぎます。

お腹を痛めて産んだ子供にこんなことできるなんて。

結局子供より自分が大事だったんでしょうかね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。