境港市殺人事件荒木文昭容疑者の顔は?8年越しの逮捕の裏側は?女性との関係性は?

 

今から約8年前の殺人事件の容疑者が逮捕されました。

 

2011年7月15日頃、鳥取県境港市のガソリンスタンドで

首にロープが巻かれた女性の遺体が発見されました。

 

その殺人事件の容疑者がついに逮捕されました!

 

容疑者の名前は荒木文昭容疑者です。

 

事件の内容や荒木容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

2011年7月15日頃境港市で殺人事件発生

 

7月16日(土)午後6時ごろ、鳥取県境港市福定町にある旧ガソリンスタンドの屋根の上に、人間の遺体があるのを、隣の会社に勤める男性(52)が見つけ、110番通報する事件が起きている。
県警境港署によると、遺体は女性で、20~30代とみられる。首にはナイロン製のロープが巻かれており、同署は身元の確認を急ぐとともに、司法解剖して詳しい死因を調べるとの事。
同署によると、女性は身長約163センチ。周辺に所持品はなく、白色のTシャツにジーンズ姿だったらしい。
死後数日経過しているとみられる。男性は会社の2階から窓越しに、地上から約3メートルの屋根の上に遺体があるのを見つけたらしい。
参照元:http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2011/07/post-102e.html

今から8年前の事件です。

覚えている方の方が少ないのではないでしょうか。

 

女性の遺体が発見された場所

 

女性の遺体が発見されたのはどこなのでしょうか。

 

現場は、鳥取県境港市福定町の旧ガソリンスタンドの屋根の上です。

 

スポンサーリンク

 

荒木文昭容疑者逮捕

 

8年前、鳥取県境港市のガソリンスタンドだった建物の屋根の上で首にロープが巻かれた女性の遺体が見つかった事件で、鳥取県警は26日午後5時半ごろ、岡山県高梁市の34歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは、岡山県高梁市鉄砲町の会社員、荒木文昭容疑者(34)です。
2011年7月15日ごろ、鳥取県境港市のガソリンスタンドだった建物の屋上で、当時岡山県新見市に住んでいた28歳の女性を窒息死させ殺害した疑いが持たれています。警察が犯行の動機などについて調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00010003-ksbv-l33

オンラインのニュースで速報で出た記事です。

8年越しの逮捕とは素晴らしいですね。

 

スポンサーリンク

 

荒木文昭容疑者について

 

荒木容疑者について現在までにわかっている情報をまとめてみました。

 

・名前:荒木 文昭
・年齢:34歳(当時26歳)
・住所:岡山県高梁市鉄砲町
・職業:会社員
・容疑:殺人

 

 

荒木容疑者が住む、岡山県高梁市鉄砲町から

事件現場の鳥取県境港市福定町まで

車で最短2時間12分かかります。

 

 

現在、荒木容疑者の顔画像は公開されていません。

新しい情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

荒木容疑者と亡くなった大西美穂さんは当時お付き合いしていたそうです。

遺体には目立った外傷はなかったそうです。

 

 

おわりに

 

いかがでしたででしょうか。

8年越しの逮捕とは。

 

亡くなった女性の遺族も喜んでいることでしょう。

 

しかし、荒木容疑者は、8年間もの間何食わぬ顔で生きていたのでしょうか。

 

また女性との関係性や事件の動機はなんだったのでしょうか。

情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。