山下洋規顔画像は?さいたま市保釈中に逃走し約10ヶ月ぶりに逮捕!なぜ逃走した?

スポンサーリンク



 

2018年2月さいたま市で

覚せい剤取締法違反で逮捕され、

その後保釈されていた山下洋規容疑者が、

昨年9月に予定されたいた裁判に出廷せず

そのまま逃走していましたが、約10ヶ月ぶりに逮捕されたということです。

事件の詳細を調べてみました。

10ヶ月も逃走するは、警察は何をやっていたのでしょうか。

 

 

さいたま市保釈中に逃走した男が10ヶ月ぶりに逮捕

 

覚醒剤を使用した罪で起訴され保釈されたあと、所在がわからなくなっていた39歳の男が、さいたま市内のアパートの敷地内に侵入した疑いで逮捕されました。
調べに対し容疑を否認し、所在不明になった理由については供述していないということです。
さいたま地方裁判所や警察によりますと、さいたま市北区の職業不詳、山下洋規被告(39)は、覚醒剤を使用した罪で逮捕・起訴されたあと去年3月に保釈されました。
その後、去年5月に開かれた初公判で起訴された内容を否認するなど裁判に出廷していましたが、去年9月にさいたま市桜区のアパートの敷地内に侵入したところを警察官に発見された際に職務質問を拒否して立ち去り、所在がわからなくなっていました。
裁判所は去年12月保釈の決定を取り消し警察が行方を捜査した結果、さいたま市内にいることがわかり、さいたま市桜区のアパートに侵入した疑いで17日逮捕したということです。
調べに対し容疑を否認し、所在不明になった理由については供述していないということです。
さいたま地方裁判所は保釈が適切だったかどうかについて、「個別の事件については裁判長の判断なのでコメントできない」と話しています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190718/1000032830.html

 

 

事件の時系列

 


山下容疑者がこれまでにいつ、どのような行動をしたのかなどを

時系列にしてみました。

 

2018年2月 覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴
2018年3月1日 保釈
2018年5月 さいたま地裁の公判に出廷
2018年9月20日午後4時10分頃 さいたま市桜区内のアパート敷地に正当な理由なく侵入
2018年10月 公判に出廷せず
2018年12月 保釈決定が取り消し
2019年7月17日 逮捕

 

山下容疑者はさいたま市桜区内のアパートに侵入した理由として、

昔親族が住んでおり、自分の郵便物があるかもしれないと思って行った

と供述しています。

 

この時警察が職務質問をしたそうですが、

それを拒否しその後行方が分からなくなっていたということです。

 

 

山下洋規容疑者について

 


山下容疑者はもともと覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕・起訴されていましたが、

その後保釈され昨年9月から約10ヶ月間にも及び

行方をくらませていました。

現在までに明らかとなっている

山下容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 山下 洋規
年齢 39歳
住所 さいたま市北区奈良町
職業 不詳
容疑 覚せい剤取締法違反、住居侵入

 

現在山下容疑者の顔画像は公開されておりません。

山下容疑者がなぜ初公判は出廷し、

その後10月の公判には出廷しなかったのかは現在わかっておりません。

ただ職務質問をされて顔を知られてしまったので、

罪が重くなると思ったのでしょうか。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

保釈というものは本当にあっていい制度なのか疑問に思いますね。

最近保釈中の被告が逃走する事件が多発しています。

市民を危険に巻き込んでいるのを理解していただきたいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。