さいたま市見沼区刃物男に警察発砲 銃弾は腹に命中!事件の詳細や現場は?

スポンサーリンク



 

5月28日午後2時10分頃、

埼玉県さいたま市見沼区警察官が、

刃物を持って向かっていた男に、

拳銃を発砲する事態が起こりました。

弾は容疑者の腹部に命中したということです。

 

一体何が起きたのでしょうか。

 

 

 

さいたま市見沼区で警察が刃物を持った男に発砲

 

埼玉県警によると、28日午後2時10分ごろ、さいたま市見沼区の路上で、警察官が刃物を持って向かってきた男に発砲、腹部に命中した。男は救急搬送され、容体は不明。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000094-kyodonews-soci

 

 

事件が発生した場所

 

男が刃物を持って警察に襲ったのはどこだったのでしょうか。

 

参照元:AbemaTIMES

 

事件が発生したのは、

埼玉県さいたま市見沼区大和田町ということです。

画像を見ると住宅街のようですね。

現在これ以上詳しいことはわかっておりません。

新たな情報が入り次第更新していきます。

また容疑者は60代の男ということです。

ちなみに男性の命に別状はないということです。

 

 

SNSのコメント

 


 

追記

 

被疑者の男が亡くなったということです。

被疑者の男は、

埼玉県さいたま市見沼区大和田1丁目の

職業不詳の68歳の男です。

この男は刃渡り16cmの包丁を持っており、

警察は3発発砲。

1発は空に向けて発砲し、2発は被疑者の男へ発砲。

1発が腹部に命中したということです。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

登戸で事件が起きた日に、今度は発砲との報道。

警察官の判断は正しかったと思いますが、

日本も治安がいい国とは思えなくなってきましたね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。