相模原市ロープ事件容疑者を殺人未遂で逮捕!被害者の容体や事件の詳細は?

 

12月26日、神奈川県相模原市南区の市道で、

何者かが、道路にロープを張りオートバイが引っかかり転倒した事件で、

容疑者が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

なぜこの男は、道にロープを貼ったのでしょうか。

また被害者の怪我の容体はどうなのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク

 

相模原市ロープ事件

 

26日未明、相模原市で道路を横切るように張られていたロープにバイクが引っかかって転倒し、運転していた男性がけがをしました。
警察によりますと、付近の防犯カメラにロープを張る男の姿が写っていたということで、警察は殺人未遂の疑いで行方を捜査しています。
26日午前3時半すぎ、相模原市南区相模台で、幅5メートルほどの道路を斜めに横切るように張られていたロープにバイクが引っかかって転倒し、運転していた近くに住む45歳の男性が腰を打つ軽いけがをしました
警察によりますと、ロープは長さがおよそ9メートルあり、地面から50センチから1メートルほどの高さに張られていたということです。
このロープは、道路脇にある店舗が敷地への立ち入りを防ぐためにふだんから電柱などに結んで使っていて、付近の防犯カメラには、ロープの端を持って店側から反対側に移動し、道路にロープを張る男の姿が写っていたということです。
男は、茶色のジャンパーに白っぽいズボンをはき、カーキ色の帽子をかぶっていて現場から歩いて立ち去ったということです。
警察は、殺人未遂の疑いで逃げた男の行方を捜査しています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news

事件にあった被害者の45歳の男性は本当に不憫でなりません。

容疑者の男は、防犯カメラに写っており、事件後逃走したようで。

スポンサーリンク

 

事件が起きた場所は?

 

事件が起きた場所はどこなのでしょうか。

 

事件が起きた場所は、神奈川県相模原市南区相模台1丁目の市道です。

小田急線相模原駅の北西1キロの住宅街ということです。

 

事件の映像

 

事件の映像がありました。

 


 

男の顔ははっきりとはわかりません。

 

オートバイもあまりスピードを出していなかったので

よかったですが、もしスピードを出していたら腰の怪我どころでは済みませんでした。

スポンサーリンク

容疑者の男を逮捕

 


12月29日、相模原市南区で起きたロープ事件

逃走していた容疑者の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

容疑者の男はなぜこんなことをしたのでしょうか。

スポンサーリンク

 

犯人の特徴

 

ロープを張った犯人は、

神奈川県相模原市南区に住むパート従業員の41歳の男です。

 

 

容疑者は「日々のストレスの解消のためにやった」と供述しています。

しかし、「死んでもいいとは思わなかった」と殺意は否認しています。

 

しかし、この行為は、下手したら人が死ぬ可能性もあります。

 

殺人未遂の容疑は妥当ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

被害者の容体は?

 

 

被害者の容体はどうなのでしょうか。

ニュースでは、腰を打つ軽い怪我としています。

 

しかし、腰をうてば立つことができなくなったり

治るまで寝たきりの可能性もあります。

 

全治20日程度とされていますので、軽い怪我とは言い切れません。

 

しかし、本当にこの被害者の男性が亡くならなくてよかったです。

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本社会はストレスで溢れかえっています。

こんな子供がやるようなことでしかストレスを発散できなかったのでしょうか。

またはかなり切羽詰まっていたのか。

 

容疑者の男の背景はわかりませんが、許される行為ではありません。

 

皆さんはどうお考えでしょうか。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。