プリンセス駅伝で事故発生?飯田怜選手がハイハイでたすきを渡す!

スポンサーリンク



10月21日に女子駅伝日本一を決める「クイーンズ駅伝」への出場権を賭けた

全国統一予選会「プリンセス駅伝」が行われました。

 

プリンセス駅伝に参加した岩谷産業の飯田怜選手が、膝をつきながら走り続けるという場面がありました。

 

いったい何があったのでしょうか。

調べてみました。

 

飯田怜選手に何が起きたのか

 

 

こちらが、四つん這いでゴールにたどり着いた時の映像です。

膝から血が出ていますね。

 

四つん這いで中継地点へ向かったのは、数メートルではなく、数百メートルもあったとされています。

カメラに抜かれたときは、残り170mと表示がありました。

 

少なくとも200mは四つん這いで進んだこととなります。

 

なぜ誰も止めなかったのでしょうか。

これを美談にするんだとしたら、日本は終わってますね。

 

なぜこんなことが起きたのか

 

実は飯田怜選手は、

夏まで故障しており本日がぶっつけ本番だったという情報がありました。

 

そして本日走ったことにより、痛みが再発し途中から立つこともできなくなってしまいました。

 

どんな理由があるかはわかりませんが、夏まで故障してた選手をぶっつけ本番で起用する監督もどうかと思います。

飯田怜選手にも将来があるだろうに、この駅伝で二度と走れなくなったらどう責任を取るつもりなのでしょうか。

 

視聴者の声

 

 

大会運営事務局にもいろいろ問題がありそうですね。

毎年、駅伝では何かしらの事故は起きます。

運営側がもっと選手をサポートする必要があるのではないでしょうか。

 

おわりに

 

岩谷産業の飯田怜選手は見事な走りをしました。

視聴者もこの行為に涙を流したり、感動したり、逆になんで周りは止めないんだと怒りの感情を持っている方もいました。

 

ボクも怒りの感情をもっているのですが、

駅伝は一人が脱落するとそのチーム自体の脱落を意味します。

なかなか止めることは難しかったのではないでしょうか。

 

飯田怜選手には、早くけがを治し復帰することを願っています。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。