大月市スクールバス事故 軽トラと衝突し運転手が重体小学生にけが人なし 現場の様子は?

 

6月12日午後1時半頃、

山梨県大月市の国道20号線でスクールバスと

軽トラックが衝突する事故が発生しました。

この事故で軽トラを運転していた女性が肋骨や腰を折るなどの重体です。

 

事故の詳細等調べてみました。

 

 

大月市の国道でスクールバスと軽トラが衝突

 

12日昼すぎ、大月市の国道で、中学生を乗せたスクールバスと軽トラックが正面衝突し、軽トラックを運転していた70代の女性がけがをしました。
バスに乗っていた中学生7人にけがはありませんでした。
警察によりますと、12日午後1時半ごろ、大月市富浜町宮谷の国道20号線で、上野原方面へ走っていたスクールバスと対向車線の軽トラックが正面衝突しました。
警察によりますと、この事故で軽トラックを運転していた市内の70代の女性が足にけがをして、ドクターヘリで甲府市内の病院に搬送されましたが、意識はあるということです。
スクールバスには、地元の猿橋中学校の生徒7人と60代の男性運転手が乗っていましたが、いずれもけがはありませんでした。
中学校によりますと、生徒たちは下校するため午後1時30分ごろバスに乗り、学校を出た直後に事故が起きたということです。
事故の影響で、現場付近はおよそ1時間半にわたって通行止めとなり、迂回の措置が取られました。
現場は追い越しが禁止されている片側1車線の道路で、スクールバスから見て右カーブとなっています。
警察は、いずれかの車がセンターラインをはみ出したのが事故の原因と見て、詳しく調べています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20190612/1040006735.html

 

 

事故が発生した場所

 

事故が発生した場所はどこだったのでしょうか。

参照元:ANN映像

事故が発生したのは、

山梨県大月市富浜町宮谷の

国道20号線です。

現場は、追い越しが禁止されている

片側1車線の道路でした。

 

 

バスは前方部分が破損

 

参照元:ANN映像

 

 

事故はどちらかがセンターラインをはみ出して

走行していたために発生したということです。

 

バスに乗っていた小学生に怪我はありませんでしたが、

軽トラを運転していた女性は肋骨と腰の骨を折る

大怪我を負っています。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

事故の原因がわかり次第追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。