久保田幸博顔画像Facebook特定!大田区母親の遺体を放置! 神奈川に逃走後逮捕 犯行動機がひどい

スポンサーリンク



 

7月14日、東京都大田区の都営住宅の一室から

女性の遺体が発見された事件で、

亡くなった女性(母親)の息子である、

久保田幸博容疑者が死体遺棄の疑いで逮捕されました。

久保田容疑者は発覚を恐れ、神奈川県内に逃走していましたが、

身柄を確保されたということです。

 

事件の詳細や久保田容疑者について調べてみました。

 

 

大田区母親の遺体を遺棄し逃走していた男が逮捕

 

同居の60代の母親とみられる遺体を都営アパートの自宅に放置したとして、警視庁蒲田署は16日までに、死体遺棄の疑いで、東京都大田区、無職久保田幸博容疑者(41)を逮捕した。蒲田署によると、容疑を認め、「母との関係が良くなく、(死亡したことを)通報する考えはなかった」などと供述している。
久保田容疑者は母親と2人暮らし。5月中旬ごろから母親が食事を残すようになり、6月11日に死亡に気付いたと説明しているという。
その後、発覚を恐れ自宅から逃げたが、7月14日に神奈川県内で身柄を確保された。同10日に部屋を訪ねた同容疑者の姉が遺体を発見し、119番していた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00000063-kyodonews-soci

 

 

母親の遺体が発見された場所

 

母親の遺体が発見された場所はどこだったのでしょうか。

 

遺体が発見されたのは、

東京都大田区南六郷の都営住宅の1室ということです。

この部屋に久保田容疑者のなくなった60代の母親と

2人暮らしをしていました。

 

60代というとまだ若いのに、

ご飯が食べれなくなってしまったということは、

病死の可能性もあるのではないでしょうか。

 

 

久保田幸博容疑者について

 


5月中旬頃から母親の食欲が減り、食事を残すようになり、

6月11日に亡くなってしまったようです。

母親は足が悪かったようで、久保田容疑者が

お世話をしていたようですね。

 

しかし、久保田容疑者は母親とは仲が良くなかったようで、そのまま遺体を放置します。

7月10日に姉が部屋で遺体を発見し、警察に通報。

おそらくこの時点で久保田容疑者は逃走していたのでしょう。

 

久保田容疑者は7月14日に神奈川県内で身柄を拘束されました。

 

それでは久保田容疑者について現在までに明らかとなっている

情報をまとめてみましょう。

 

名前 久保田 幸博
年齢 41歳
住所 東京都大田区南六郷の都営住宅
職業 無職
容疑 死体遺棄

 

久保田容疑者は

「母親との関係がよくなく、いなくなればいいと思っていた」

と供述しています。

 

 

顔画像やFacebook

 

現在久保田容疑者の顔画像は公開されておりません。

参照元:ANN映像

 

またFacebookについて調べてみたところ、

同姓同名で大田区在住のアカウントを発見しました。

また高校に1994年に入学していることから、

年齢も一致します。

 

こちらがアカウントになります。

顔画像も添付されておりました。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

嫌いな母親を介護するというのはストレスがたまることだとは思いますが、

母親を放置するということがまず理解できません。

母親は病気だった可能性もあります。

しっかり罪を償ってください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。