尾松大義の顔画像特定?大阪市立此花中学体罰!生徒の首を絞め全治10日の怪我!

スポンサーリンク


 

3月8日午前11時半頃、

大阪市立此花中学校の教師

尾松大義容疑者が、

13歳の中学1年生の男子生徒に

首を絞めたり平手打ちをするなど体罰を加え、

全治10日の怪我を負わせたとして、傷害の疑いで逮捕されました。

 

尾松容疑者はこの生徒の担任だったということです。

事件の詳細や尾松容疑者について調べてみました。

 

 

大阪市立中学校教師尾松大義容疑者が体罰

 

 

中学1年の生徒の態度に腹を立て、首を絞めるなどの体罰でけがをさせたとして、大阪府警此花署は18日、傷害容疑で大阪市立中学校の教師尾松大義容疑者(33)=同府豊中市東豊中町=を逮捕した。
「暴力は振るったが、首は絞めていない」と話し、容疑を一部否認しているという。
逮捕容疑は8日午前11時半ごろ、中1の男子生徒(13)に体罰を加え、首に約10日のけがをさせた疑い。
同署や大阪市教育委員会によると、尾松容疑者は生徒の担任で、別の教師の授業中に怠惰な態度を取ったことを休み時間に注意していた反省の様子がないことに立腹し、平手打ちをしたり、相撲技の「のど輪」のように首を絞めたりしたという。首に痕があり、生徒の母親が警察に被害届を出していた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000082-jij-soc

 

 

事件が起きた中学校

 

事件が起きた大阪市立此花中学校はどこにあるのでしょうか。

 

 

体罰の事件が発生した大阪市立此花中学校は、

大阪府大阪市此花区高見2丁目14−31に

所在しています。

 

 

尾松大義容疑者について

 

現在までに明らかになっている

尾松容疑者についての情報をまとめてみました。

 

名前 尾松 大義
年齢 33歳
住所 大阪府豊中市東豊中町
職業 中学校教師
容疑 傷害

 

尾松容疑者は、容疑に対して

暴行は加えたがけがをさせるようなことはしていない

と供述しています。

 

尾松容疑者は、はこれまでにも生徒の頭をたたいたり、胸ぐらをつかんで倒したりして懲戒処分を2回受けていました

 

 

事故の詳細

 

事件発生日 3月8日午前11時半頃
犯行場所 大阪市立此花中学校
犯行内容 中学1年生の生徒に首を絞めたり平手打ちをする

 

尾松容疑者は、別の教師の授業中に怠惰な態度をとった生徒に、休み時間に1度注意をしたそうですが、反省の態度が見えないことから犯行したということです。

 

被害者の生徒は尾松容疑者の生徒だったということです。

指導といって首を絞めたり平手打ちをする教師なんて

見たことがありません。

ただでさえ近年体罰にはとても厳しくなっているのに

なぜこのようなことをしたのでしょうか。

 

そして、これまでにも2回、体罰で懲戒処分を受けていました。

もともとカッとなると手を上げてしまう教師だったのでしょう。

反省の色が見えないのはどちらなんでしょうかね。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

言葉で諭せないなら暴力で。

自らに能力がないことを象徴しているようなものです。

 

被害者の生徒が不憫でなりません。

仏の顔も三度まで。教員免許を剥奪してほしいです。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。