村田和宏顔画像特定?大崎市小学生ひき逃げ事件上司に付き添われて出頭

スポンサーリンク



 

5月17日午前7時10分頃、

宮城県大崎市古川江合本町1丁目の市道

発生した小学生2名がひき逃げされる事件で、

村田和宏容疑者が逮捕されました。

村田容疑者は上司に付き添われて出頭したということです。

事件の詳細や村田容疑者について調べてみました。

 

 

大崎市古川江合本町1丁目のひき逃げ事件容疑者逮捕

 

宮城県大崎市で小学生2人が軽乗用車にはねられて軽傷を負ったひき逃げ事件で、県警古川署は17日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同市古川福浦、会社員村田和宏容疑者(45)を逮捕した。
逮捕容疑は、17日午前7時10分ごろ、同市古川江合本町1丁目の市道交差点を車で左折中に、横断していた小学3年の男児(8)と女児(9)をはねて、男児に右脚打撲、女児に右手打撲のけがを負わせ、救助せずに逃走した疑い。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190517-00000213-kyodonews-soci

 

 

ひき逃げ事件が発生した場所

 

ひき逃げ事件が発生したのは、どこだったのでしょうか。

 

 

ひき逃げが起きたのは、

宮城県大崎市古川江合本町1丁目の

横断歩道がない交差点です。

 

 

村田和宏容疑者について

 

現在までに明らかとなっている村田容疑者についての

情報をまとめました。

 

名前 村田 和宏
年齢 45歳
住所 大崎市古川福浦1丁目
職業 会社員
容疑 自動車運転過失傷害及びひき逃げ

 

 

顔画像

 

現在村田容疑者の顔画像は公開されていません。

公開され次第更新していきます。

 

また村田容疑者は

午後1時頃、上司に付き添われて出頭したということです。

村田容疑者は容疑を認めており、

「男の子に声をかけたら大丈夫と言われた」ため、

その場を立ち去ったということです。

しかし被害者の小学3年生の男の子は

右足を打撲し、女の子は右手に打撲のけがを

負っていたということです。

 

本当に子供たちが大丈夫と言ったのかはわかりませんが、

救護活動をしなかった、そして警察に届け出なかったのは

罪深いですね。

 

 

SNSのコメント

 

警察と救急に連絡してきちんと対応すればあくまで事故なのに逃げて事件にする
逃げなきゃいけない理由はやっぱりお酒?

 

避難訓練のように事故対応を年に一度は訓練を義務付けたほうが良い。
想定外のことが起きると、人は頭が真っ白になり、それを無かったことにしようとする。
ひき逃げは誰も特をしない。訓練でそれは解決できます。

 

こんなに事故の報道があっても今日もスマホを見ながら運転する人を何人も見かけた。何が原因か分からないし怪我で済んでまだ良かったけどハンドル握ったなら運転に集中すること。自戒をこめて

 

ひき逃げで逮捕が出来て良かったと思う。ひき逃犯は飲酒運転の可能性が高い。ひいて救助すれば、ただの事故だった。そこをしっかりと調べて欲しい。

 

軽症の交通事故であれば、逃げずに警察に通報さえしていれば、その後は行政処分と示談で済んだだろうに。逃げたことにより、かえって罪重くしたね。自業自得ですね。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

出頭すればいいというものではありません。

ひき逃げというのは本当に卑怯で身勝手な犯罪です。

こんな事件本当は起きてはいけないのです。

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • 車からおりて児童に声をかけたのに
    どうして救急車を呼ばなかったのかな?

    ぶつけた時点で怪我してなくても、擦り傷でも救急車を呼んで保険屋に連絡して脳波や全身スキャン検査させないと。当日より明日、明後日に痛みがでる

  • 昔ですが、親戚の子も接触事故に合い、加害者側が近所の人だったし、とりあえず痛くないからと 一旦帰宅。しかしその日の深夜、頭痛を訴え緊急受診、緊急手術になりました。やはり病院には、その場から行くべきです!こわいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。