大阪市西成区スナック事件少年の顔画像は?男性を殴り死亡させた19歳の少年逮捕

 

6月30日午前0時45分頃、

大阪市西成区天下茶屋のスナックで、

69歳の男性の顔を殴りその後死亡させたとして、

19歳の少年が傷害の疑いで逮捕されました。

事件の詳細や少年について調べてみました。

 

 

西成区天下茶屋のスナックで少年が男性を殴り死亡させる

 

スナックで居合わせた男性客を殴ったとして、大阪府警西成署は30日、傷害容疑で大阪市内の無職少年(19)を現行犯逮捕した。男性は搬送先の病院で死亡しており、同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。
逮捕容疑は30日午前0時45分ごろ、大阪市西成区天下茶屋のスナックで、無職男性(69)=同市西成区=の顔を殴ってけがをさせたとしている。「殴りました。ケンカになったからです」と容疑を認めている。
同署によると、店の女性から「客同士がケンカになっている」と通報があり、同署員が駆けつけたところ店内で男性が顔から血を流して倒れていたという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000505-san-soci

 

19歳の少年ももちろん罪に問われるべきですが、

スナックにいたのなら酒を飲んでいたのでしょうね。

未成年に酒を提供したこのスナックにも

問題がありそうです。

 

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

事件が発生したのは、

大阪市西成区天下茶屋のスナックです。

 

天下茶屋には4軒ほどスナックがありますね。

このうちの1つが事件発生現場でしょう。

 

 

逮捕された少年について

 

現在までに明らかとなっている

逮捕された少年についての情報をまとめました。

 

名前 不明
年齢 19歳
住所 大阪市
職業 無職
容疑 傷害

 

逮捕された少年については

上記のことしか公開されていません。

少年は被害者の男性と喧嘩になり、殴ったということです。

2人とも酔っ払っていたのでしょう。

19歳の少年に酒を提供していたとしたら、

このスナックにも問題がありそうですね。

 

少年について新たな情報が入り次第更新してきます。

 

 

SNSのコメント

 

未成年だろうが、人殺しは人殺し。
裁判所は死刑を選択するべき。
更生なんてあり得ない。万一懲役刑を選択し、刑期を終え、傷害や殺人を犯した場合、裁判所も弁護士もそれなりの責任を取るべきで、法律も作るべき。

 

選挙権のある19歳を未成年と定義する意味が分からん。酒もタバコもOKにして犯罪を犯したら普通に裁いて欲しい。

 

何があったか知らんが、酷いニュース。未成年がスナックに居ることも変だし、成人として裁きたい。

 

未成年のいた場所に問題はあるし、アルコールを提供した店にも問題がある。飲めない酒を飲んで酔っ払って他人を傷付けて殺人を起こし、非常に情けない結果です。

 

ガラの悪いエリア。
こういう事件、日常茶飯事です。
関係のない人は近づかない方が無難。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

19歳の少年といえども立派な殺人事件です。

日本の法律はどうしてこうも緩いのでしょうかね。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。