大澤拓馬の顔画像は?豊中市酒を飲んで車を運転し事故 車内にビール缶が多数 新聞配達員の男性が死亡

 

4月4日午前2時頃、

大阪府豊中市の交差点で、

軽自動車とバイクが衝突する事故が発生しました。

 

軽自動車を運転していた大澤拓馬容疑者は事故当時

酒を飲んでおり、車内からビールの空き缶が多数発見されました。

 

バイクに乗っていた新聞配達員の男性が亡くなっています。

 

事件の詳細や大澤容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

豊中市死亡事故大澤拓馬容疑者が逮捕

 

4日未明、大阪・豊中市で酒気帯び運転の軽自動車とミニバイクが衝突し、新聞配達員の男性が死亡した。
車には、アルコールの空き缶が残っていた。
4日午前2時ごろ、大阪・豊中市の交差点を直進していた軽自動車と、対向車線から右折しようとしたミニバイクが衝突した。
ミニバイクを運転していた新聞配達員の高津喜代二さん(45)が、意識不明の状態で病院に運ばれたが、死亡が確認された。
軽自動車の車内には、男が飲んだとみられるビールの缶が残されていた。
軽自動車の運転手の呼気からは、基準を上回るアルコールが検出されたことから、警察は、過失運転致傷と酒気帯び運転の現行犯で、大阪・箕面市の会社員・大澤拓馬容疑者(31)を逮捕した。
大澤容疑者は、「酒を飲んで事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めていて、警察は、容疑を過失運転致死に切り替えて事故のくわしい状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190404-00415627-fnn-soci

 

 

スポンサーリンク

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:FNN映像

事件が発生したのは、

大阪府豊中市向丘3丁目の交差点です。

当時大澤容疑者は、交差点を直進しており、

亡くなった男性は対向車線から右折しようとしていたということです。

 

スポンサーリンク

 

大澤拓馬容疑者について

 

現在までに明らかとなっている大澤容疑者の情報について

まとめてみました。

 

名前 大澤 拓馬(おおさわ たくま)
年齢 31歳
住所 大阪府箕面市
職業 会社員
容疑 過失運転致傷及び酒気帯び運転

 

大澤容疑者は容疑に対して

「酒を飲んで事故を起こしたことに間違いはない」と

容疑を認めています。

顔画像は現在公開されていません。

 

スポンサーリンク

 

車内には大量のビールの空き缶

 

大澤容疑者の呼気からは、基準を上回るアルコールが検出されました。

 

参照元:FNN映像

助手席の足元にビールの空き缶が

数本見つかっています。

居酒屋等で飲んだのではなく確実に車内で飲んでいたものでしょう。

事故を起こした日に全て飲んだのではないにしろ、

車内からビールの空き缶が見つかり、

呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されている時点で、

言い逃れはできません。

 

被害者の新聞配達の男性は、

すぐに病院へ運ばれましたが、なくなりました。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

飲酒運転の事故が本当に減らないです。

自分は事故を起こさないから大丈夫と思っているのでしょうか。

本当に危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。