御前崎市変死事件 傷害致死の容疑があった同僚2名が掛川市内で自殺か?事件の詳細は?

 

6月21日午後6時半頃、

静岡県御前崎市のアパートで女性が血を吐いて

死亡する事件が発生しました。

女性の体には複数のあざがあり、

一緒に住んでいた同僚2名の男女に

傷害致死の疑いがあるとしていましたが、

その2名も掛川市内の公園で自殺したということです。

事件の詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

御前崎市で変死事件 同居人もその後自殺か

 

静岡県御前崎市の女性(20)が今月21日に死亡し、県警が事情を聴いていた同居の男女2人もその後死亡していたことが29日、県警への取材で分かった。男女は自殺とみられる。女性の体にはあざがあり、県警は傷害致死の疑いがあるとみてトラブルの有無などを調べている。
菊川署などによると、21日午後6時半ごろ、御前崎市の20代女性から「アパートに同居する女性の調子が悪くなり、吐血した」と119番通報があった。女性は搬送先の病院でまもなく死亡が確認された。
死亡した女性は、通報した女性と20代男性との3人暮らしで、2人は県警に「会社の同僚」と説明していたという。2人はその後、同県掛川市の公園で死亡しているのが見つかった。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000029-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

事件が発生した場所

 

変死した女性が住んでいたのはどこだったのでしょうか。

 

女性が住んでいたのは、

静岡県御前崎市のアパートで、

このアパートには亡くなった女性の他に、

20代の男女2名の3人で住んでいたようです。

彼らの関係性は「会社の同僚」だったようですね。

 

スポンサーリンク

 

通報した2名が自殺?

 

警察は傷害致死の疑いがあるとして、

捜査を進めており、同居していた男女2名から

何かトラブルがなかったかどうかを調べていたようですが、

事件発生後、男女2名は静岡県掛川市内の公園で

自さつしているのが発見されました。

 

 

なぜ彼らが掛川市を選んだのかはわかっておりません。

被害者の女性の体には複数の痣があったことから、

事情聴取を受けていた2名のうちどちらか、または双方が

女性に対し暴行をしていたのかもしれません。

警察は殺人や傷害致死も視野に入れて捜査を進めています。

 

自さつした2名も罪の意識があったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

おそらくトラブルがあったのでしょうね。

罪の重さに耐えきれなくなって自さつしたのでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。