沖ノ鳥島中国船が無断で活動していたことが判明!なぜこんなことをした?

 

12月18日、中国船が沖ノ鳥島周辺で

日本政府に無断で調査活動を行っていたことが明らかとなりました。

 

日本政府にこのことは全く伝わっておらず、無断で排他的経済水域に侵入したこととなります。

 

中国はどのような言い訳を今回は考えたんでしょうか。

事件の詳細について調べてみました。

スポンサーリンク

 

中国船が日本の排他的経済水域に侵入

 

中国の海洋調査船が2018年12月中旬、沖ノ鳥島周辺で、日本政府に無断で調査活動を行っていたことが、FNNの取材で明らかになった。
政府関係者によると、12月18日、沖ノ鳥島周辺で、中国の海洋調査船「向陽紅」がワイヤのような物を海の中へ垂らしているのを、海上保安庁が確認した。
現場は、海底資源も確認されている日本のEEZ(排他的経済水域)の中で、中国側は、日本の許可を得ずに調査を行っていたとみられる。
参照元:https://www.fnn.jp

このニュースは、FNNの独占スクープです。

 

日本政府関係者への取材なので、この事件は事実でしょう。

中国が沖ノ鳥島付近へ無断で侵入したのは

2016年3月以来2回目のことになります。

 

中国はこれに対してどのようなコメントをするのでしょうかね。

スポンサーリンク

 

中国船が侵入した場所の見える化

 

中国船は沖ノ鳥島付近へ侵入したとしていますが、

具体的にどのあたりなのでしょうか。

 

 

こちらの画像が とてもわかりやすいのではないでしょうか。

 

取材によると、中国船は無断で沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域

侵入したとされています。

 

この画像でいうと、沖ノ鳥島周辺の白い部分への侵入ということです。

スポンサーリンク

 

中国側のコメントは?

 

この出来事に対し、中国側の反応はなんだったのでしょうか。

 

中国側は、「本船に構うな。本船は公海上で海洋調査をしている」などと応答したという。

 

完全にしらばっくれてますね。

 

沖ノ鳥島周辺には、海底資源も確認されています。

 

この調査を行なったことは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク

 

2016年3月の無断での侵入事件

 

2016年3月にも中国船は、無断で沖ノ鳥島周辺の

排他的経済水域に侵入しています。

 

19日午前5時35分ごろ、東京都・沖ノ鳥島の北西約250キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「海大号」が、船尾からワイヤのようなものを海に投入するのを海上保安庁の巡視船が確認した。
第3管区海上保安本部(横浜)によると、巡視船が「わが国の事前の同意がない調査活動は認められない」と中止を要求したが「公海上だ」と答えたという。海大号は14日からEEZ内を航行しており、3管が巡視船で監視していた
参照元:2016年3月19日産経ニュース

前回の時と、調査船こそ違いますが、

調査の方法は前回と同様なのでしょう。

 

日本はいつまでこのことを放っておくのでしょうか。

国民としては黙ってはおけないですね。

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

中国の日本に対する挑発はとんでもないですね。

 

日本はいつまで指をくわえているつもりでしょうか。

こんなことされて許せるんでしょうか。

 

私はそこまで政治に詳しくはないですが、排他的経済水域に無断で侵入され、ニュースで報じるだけって。

 

もっと国際的に対応をしてほしいものです。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。