大紀町ひき逃げ死亡事故!警察官1名が死亡 現場はどこ?容疑者は?

 

2月23日午前4時20分頃、

三重県大紀町の国道42号線

ひき逃げ事故が発生しました。

 

被害者は、三重県警の警部で、

病院へ運ばれましたが、亡くなりました。

事件の詳細や、事件発生場所等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

大紀町でひき逃げ死亡事故

 

23日午前4時20分ごろ、三重県大紀町滝原の国道42号交差点で、車で通りかかった男性が、横断歩道上に倒れている男性を見つけ110番した。県警大台署で調べたところ、倒れていたのは同署地域課長、於久(おく)裕彦警部(60)で、うつぶせの状態で頭から血を流していた。於久警部は病院に運ばれたが死亡が確認された。同署はひき逃げとみて死因を含め調べている。
同署によると、於久警部は22日の勤務終了後に帰宅。その後、近くの飲食店で酒を飲み、23日午前1時半ごろに店を出たという。現場は片側1車線の直線道路。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00000033-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

ひき逃げ事件が発生した場所

 

事件が発生した場所はどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

三重県大紀町滝原の国道42号線の交差点です。

 

現場は、片側一車線の直線道路です。

片側に歩道もあり、歩行者が危険というような道路ではありません。

 

スポンサーリンク

 

亡くなった警察官

 

この事故で亡くなったのは、三重県警の警察官でした。

名前 於久 裕彦さん
年齢 60歳
職業 警察官
所属 三重県警所属地域課長
死因 頭を強く打つ

 

於久さんは、事件前、勤務終了後

2月23日午前1時半頃までお酒を飲んでいたということです。

勤務を何時までしていたかは不明ですが、

午前1時半まで飲んでいたということは、

たくさん飲んでいた可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件発生日 2月23日
於久さんが発見された時間 午前4時20分
事件現場 三重県大紀町滝原の国道42号線

 

於久さんは、上でも述べましたが、

勤務終了後午前1時半頃までお酒を飲んでいたことが証明されています。

 

そして、於久さんが交差点で倒れているのが発見されたのが、午前4時20分。

ひき逃げは、この約3時間の間で起こっています。

 

交差点で倒れていたということは、

横断歩道を渡ろうとしたのか、

それとも横断歩道がないところだったのか。

グーグルマップでお見せした通り、

周りは木々に囲まれており、

おそらく夜は暗く人を確認するのが難しいのではないでしょうか。

街灯も少なそうです。

また時間帯が遅かったため目撃者も少ないのではないでしょうか。

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

ついに容疑者が逮捕されました。

容疑者は、三重県津市の無職

荒川清之容疑者74歳です。

荒川容疑者は「コンクリートにぶつかったと思っていた」と容疑を否認しています。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

車に乗っていれば何かに当たったらすぐ気がつくはずです。

ひき逃げは本当に卑劣な犯罪です。

もしすぐに救急車を読んでいれば、於久さんは助かったかもしれません。

 

何か目撃証言等あればコメントに記載をお願いいたします。

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 場所は滝原宮より北のうなぎ屋さんがある信号交差点です。
    プロホーム大台のすぐ近くに警察官舎があり、信号を渡った反対側比較的近くに飲み屋さんがあります。

    横断歩道上に真新しいタイヤ痕がありました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。