小田急線発煙!その理由は?車両から謎の煙が出て遅延!現在の状況は?

スポンサーリンク



 

小田急代々木上原駅2番線で、車両から発煙するという事故が発生しました。

現在、東京メトロ千代田線、小田急小田急線、常磐線などで遅延が発生しています。

 

現在の状況はどうなっているのでしょうか。

また発煙の原因は何だったのでしょうか。

 

小田急線代々木上原駅で車両から発煙事故

 

12月22日、15時30分頃、小田急線代々木上原駅で車両から

発煙する事態が発生しました。

 

事故発生時は、代々木上原~綾瀬駅間で運転を見合わせていましたが

現在は、振り替え輸送を行っています。

 

運転再開は16時30分頃とされています。

こちらが発煙した時の画像となります。

火災等は発生していない模様です。

 

発煙の原因は?

 

電車から突然発煙した原因は現在究明中です。

 

 

事故発生から10分後に消防隊員が駆け付け、原因を究明しています。

煙は、車両の下からでており、物の焼けるにおいがホームに漂っていたそうです。

 

現在、発煙した車両は留置線に入り車両点検が行われています。

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

突然の発煙は怖いですね。しかし、放火等の疑いはないため

機械による故障が原因ではないでしょうか。

 

ケガ人等でなくてよかったです。

電車は16時30分頃再開予定です。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。