帯広市緑ヶ丘火事!火災で1人が軽傷 現場の画像や動画まとめ

 

2月9日午前6時頃

北海道帯広市緑ヶ丘の住宅で火災が発生しました。

 

この火事でこの家にすむ80代の男性が

喉を火傷し病院へ搬送されていますが、

命に別状はないということです。

 

火事の原因は、ストーブとされています。

当時帯広市内は気温マイナス23.6度で

男性は、ストーブの火を強めたと証言しています。

現場の画像等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

帯広市緑ヶ丘で住宅火災

 

この寒さの中、道内では火事も相次いでいます。帯広では住宅が焼け、高齢の男性が病院に運ばれています。
住宅が火に包まれています。炎の勢いが強いことがわかります。9日午前6時ごろ、帯広市緑ケ丘の住宅で火が出てコンクリート造りの平屋が全焼しました。
この家に一人で住む、80歳の男性がノドのやけどで病院に運ばれましたが軽傷です。火元は居間のポータブルストーブとみられ、住人の男性は『朝、寒くてストーブの火を強めた』と話しています。
警察はこのストーブから何らかの原因で近くにあった灯油タンクに火が回り、燃え広がったとみて調べています。帯広の9日の朝の最低気温はマイナス23.6度でした。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000002-htbv-hok
スポンサーリンク

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。


火事が発生したのは、

北海道帯広市緑ヶ丘東通東の

コンクリート平屋建ての住宅です。

 

80代の男性は、この家に1人で暮らしていたということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の画像や動画

 

ツイッター等に投稿された

現場の画像や動画をまとめてみました。

 



参照元:HTBニュース映像

 

火災の原因は、

ストーブから何らかの原因で近くにあった灯油タンクに火が回り、

燃え広がったとされています。

 

帯広の気温がマイナス23.6ということは室内も

かなり気温が低かったのでしょう。

 

今後も北海道内で、このような火事が発生することが多くなるかもしれません。

 

火の取り扱いには十分にお気をつけください。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。