沼山光洋割腹自決 靖国神社自殺靖国会事務局長が切腹 一体どんな人だった?

 

5月11日午前2時40分頃、

東京都千代田区の靖国神社付近の路上で

靖国会の事務局長である、

沼山光洋氏が割腹自決をしていたことが明らかとなりました。

付近には遺書があったということです。

 

 

靖国神社付近で靖国会事務局長沼山光洋氏が割腹自決

 

11日午前2時40分ごろ、東京都千代田区の靖国神社付近の路上で、前のめりに座った状態の男性の腹部に包丁が刺さっているのを巡回していた警視庁機動隊員が発見した。男性は病院に搬送されたが死亡。男性の近くには遺書とみられる文書が残されており、麹町署は自殺を図ったとみて、詳しい状況を調べている。
同署によると、男性は都内に住む50代の会社員で、保守系団体「靖国会」に所属。死因は失血死とみられ、遺書とみられる文書は判別が困難だという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000548-san-soci

 

 

沼山光洋氏について

 

亡くなったのは

靖国会の事務局長だった

沼山光洋氏だったということです。

 

参照元:靖國會事務局日誌

 

右側の男性が沼山氏です。

沼山氏の詳しい情報については分かっておりませんが、

靖國會の事務局長を長年勤めていたようです。

発見当時は、前のめりに座った状態で

腹部に包丁が刺さっていました。

割腹自決を図ったものとされています。

 

 

第29代航空幕僚長田母神俊雄氏がコメント

 

第29代航空幕僚長田母神俊雄氏が

沼山氏の自決についてコメントしておりました。

 


 

田母神氏に寄せられたコメント

 

 


 

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • 靖国神社に参拝したことある人なら見たことあるんじゃないかな?沼ちゃん。車椅子での参拝の案内を売店前でしてた人だよ。ご冥福をお祈りします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。