北朝鮮ミサイル発射2019 日本海へ向けて発射か被害は出た? ついに宣戦布告も?

 

5月4日午前、

ついに北朝鮮が2019年初のミサイルを発射しました。

 

北朝鮮は北朝鮮東部から

日本海へ向けて短距離ミサイルを発射したということです。

弾道ミサイルではなかったことから、

戦争の意思はないものと思われます。

 

ミサイルはどこから発射されたのか、

日本への被害や北朝鮮の思惑等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮が短距離ミサイルを発射

 

北朝鮮が4日午前9時過ぎ、短距離ミサイルを発射したと韓国国防省が明らかにした。
ミサイルの詳しい種類は分析中だということだが、北朝鮮東部の虎島半島付近から東側に発射されたとみられている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010000-abema-int

 

スポンサーリンク

 

ミサイルが発射された場所

 

ミサイルはどこから発射されたのでしょうか。

 

情報によると北朝鮮は、

北朝鮮東部のウォンサン(元山)から

東に向けてミサイルを発射したということです。

東というと日本海でしょうね。

現在落下位置などを韓国軍及びアメリカ軍が調査をしています。

 

スポンサーリンク

 

北朝鮮の思惑は?

 

北朝鮮はなぜ短距離ミサイルを発射したのでしょうか。

いくつかの理由があるのではないでしょうか。

 

ミサイル基地が復旧した

 

北朝鮮は2019年3月5日に、

一部のミサイル基地を復旧していたことが明らかとなっています。

このミサイル基地は、

東倉里(トンチャン二)という場所で、

今回ミサイルが発射された場所とは違いますね。

 

今回のミサイルは弾道ミサイルではなく短距離ミサイルなので、

おそらく国連の制裁決議にビビっていたのではないかということです。

 

スポンサーリンク

 

米朝首脳会談

 

2019年2月に27日、28日に

ベトナムハノイで米朝首脳会談が行われましたが、

あまり思い通りの結果にならなかったのでしょう。

内容は北朝鮮に対する制裁解除などの合意を求めたものですが、

交渉が決裂しています。

 

そうなるとミサイル発射はアメリカに対する宣戦布告のようにとれますね。

 

食料自給率が過去10年で最悪

 

5月4日以下のような記事が出ました。

 

国連の食糧農業機関(FAO)、世界食糧計画(WFP)の分析によれば、北朝鮮では過去10年で最悪の飢饉(ききん)の後、人口の40%に当たる約1010万人が深刻な食料不足に見舞われている。
両機関の専門家らは昨年11月と今年4月、北朝鮮の食料安全保障状況を評価するため同国を訪れ、集団農場のほか、農村部、都市部、配給施設を視察した。
調査団によると、北朝鮮国民の多くが政府の配給制度に食料を頼る中、今年1~4月の配給量は1人1日当たり300グラムと、昨年同期の380グラムから削減を余儀なくされていた。たんぱく質の摂取量が著しく少ない世帯が多く、コメや白菜キムチを食べて持ちこたえているという。
調査団を率いたニコラ・ビドー(Nicolas Bidault)氏は「心配な状況だ。多くの地域がすでに極度に脆弱(ぜいじゃく)な状態にある上、ただでさえ最小限にまで削減されている食料配給がさらに減れば、深刻な食糧危機に陥る恐れがある」と指摘した。
報告は「大規模な外的支援がなければ、作物の収量が最も減少する6~10月の危険な時期に配給がさらに削減されかねない」と警告している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000004-jij_afp-int

 

アメリカの制裁が効いているのでしょうか。

戦争状態に持っていかなければならない状態にまで陥ってしまったということでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

日本への被害

 

現在日本への被害は確認されていません。

ミサイルは5月4日午前9時06分頃に発射され、

70km〜200km飛行したと言うことです。

 

現在までに日本の領海や、排他的経済水域に

着水したとの情報はありません。

日本への被害はゼロと言ってもいいのではないでしょうか。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

2017年11月29日ぶりのミサイル発射でしたが、

北朝鮮は何を意味していたのでしょうか。

北朝鮮国内はかなりひどい状況のようです。

このミサイル発射によって事態はさらに悪化するかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。