北陸線野々市駅事故 北陸線事故7歳の少年がサンダーバードにはねられる!一体何が起きた?

 

4月20日午後2時50分頃、

JR北陸線野々市駅付近で、

7歳の男の子が、サンダーバード21号に

ひかれる事故が発生しました。

この事故で男の子は、

左足を骨折する大怪我を負っていますが、

命に別条はないということです。

事故が発生した場所や詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

JR北陸線野々市駅事件で人身事故発生

 

 

20日午後、石川県のJR野々市駅付近で7歳の男の子が特急列車にはねられる事故がありました。男の子は大ケガをしていますが、意識はあるということです。
事故があったのはJR北陸線野々市駅付近の線路上です。
20日午後2時50分ごろ、7歳の男の子が大阪発金沢行きの特急サンダーバード21号にはねられました。
男の子は左足を骨折するなど大けがをしましたが、意識はあり命に別条はないということです。
サンダーバードの運転手は「線路上を右から左へ影が横切ったがブレーキが間に合わなかった」と話しています。
警察によりますと当時、男の子は線路上で1人で遊んでいたという目撃情報があり、現在事故の原因を調べています。
一方、サンダーバードには乗客およそ200人が乗っていましたが、乗客にけがはありませんでした。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000958-ishikawa-l17

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:石川テレビ映像

事故が発生したのは、

JR北陸線の野々市駅付近ということです。

野々市駅は、石川県野々市市二日市3丁目に所在しています。

 

スポンサーリンク

 

接触した電車

 

男の子に接触した電車は、

「サンダーバード21号」ということです。

参照元:石川テレビ映像

こちらが実際の車体となります。

スーパーバード21号は当時、

大阪駅を出発し金沢駅に向かっている最中でした。

この事故で北陸線は1時間半にわたり運転を見合わせ、

特急、普通あわせて12本が運休したということです。

 

スポンサーリンク

 

男の子は遊んでいた?

 

事故発生当時、7歳の男の子は、

線路上で1人で遊んでいたということです。

 

運転手によると、

「線路上を右から左へ影が横切ったがブレーキが間に合わなかった」と

証言しています。

こちらが野々市駅付近の線路の様子です。

まさかとは思いましたが、柵も何もない状態です。

これなら7歳の男の子だったら誤って入ってしまうこともあるかもしれません。

 

当時男の子の母親が何をやっていたのかはわかっておりませんが、

目を離した隙に、線路へ入ってしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

男の子の命が無事で本当によかったです。

左足の骨折だけで済んだのは不幸中の幸いでしょう。

 

早く容体が良くなるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。