登別市ホテル火事 火災は温泉登別石水亭で発生!韓国人13人が病院へ搬送 現場の様子は?

 

4月20日午前2時15分頃、

北海道登別市登別温泉のホテル

登別石水亭」で火災が発生しました。

 

この火事で宿泊中の韓国人13人が、

煙を吸うなどして病院へ搬送されています。

火事の原因や現場の様子等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

登別温泉ホテル「登別石水亭」で火災発生

 

 

20日午前2時15分ごろ、北海道登別市登別温泉町のホテル「登別 石水亭」の1階機械室から出火した。客室などにいた韓国人のツアー客十数人が煙を吸うなどして病院に運ばれた。いずれも命に別条はないという。
室蘭署によると、火災報知機が鳴り、火が出ているのを確認した従業員が119番した。施設の一部を焼き、約1時間後に鎮火した。機械室内の給湯器を中心に激しく燃えており、署などが出火原因を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000037-kyodonews-soci

 

スポンサーリンク

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

火災が発生したのは、

北海道登別市登別温泉町203−1に所在している

登別温泉のホテル登別石水亭です。

火災が機械室から出火したということです。

 

スポンサーリンク

 

火災の詳細

 

4月19日〜20日に宿泊者は

510人おり、部屋は満室だったということです。

火災は1階の機械室から発生しました。

火事は約1時間後に消し止められましたが、

韓国人男女の宿泊者13人が、

煙を吸うなどして病院へ搬送されています。

 

この火災によってボイラーや給湯器が焼けていたということです。

 

大きな火災にならなくて本当によかったです。

当時1階のフロントには50人ほど避難してきたということですが、

混乱もせず、避難時にけが人等も出なかったということです。

ホテルのスタッフの対応が素晴らしかった証拠です。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ホテルで火災が発生すると本当に怖いですよね。

まして韓国人の方からしたら、日本は外国ですので、

さらに恐怖心は増すと思います。

死者が出なくて本当によかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。