西川町国道112号線死亡事故!4人が死傷!現場の衝撃の画像まとめ!

 

3月12日午前4時半頃、

山形県西川町の国道112号線で、

乗用車と大型トラックが正面衝突する事故

発生しました。

 

乗用車には3人が乗っていましたが、

2人が怪我、1人が亡くなっています。

またトラックの運転手も怪我をしています。

事故が発生した場所や現場の画像等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

西川町国道112号線でトラックと乗用車が正面衝突

 

 

山形県西川町の国道で普通乗用車と大型トラックが正面衝突し、乗用車に乗っていた男性が死亡し、3人が病院で手当てを受けている。
12日午前4時半ごろ、西川町月山沢の国道112号の通称「月山道路」で、鶴岡市方面に向かっていた普通乗用車が対向車線にはみ出し、前から来た大型トラックと正面衝突した。
警察によると、乗用車には3人が乗っていて、後部座席にいた20代と見られる男性が意識不明の状態で病院に運ばれ、約1時間半後に死亡した。残る2人も男性でいずれも20代と見られ病院に運ばれた。1人はけがの程度は重くもう1人は意識があるという。
また大型トラックを運転していた60代男性も手当てを受けるため病院に運ばれた。現場は片側1車線の橋の上で見通しは良く、事故を目撃した別のトラックの運転手は、乗用車が自分の車を追い越そうとした際に衝突したと話している。
「対向車線走ってきてそのままノーブレーキで衝突。ずっと追い越してきてそのまま真っ直ぐ(ぶつかった)」
警察が身元と事故原因を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010001-sakuranbo-l06

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が起きたのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

山形県西川町月山沢の国道112号の通称「月山道路」です。

 


参照元:さくらんぼテレビ

こちらが実際に事故が起きた現場です。

乗用車は、対向車線を走っていたようです。

 

スポンサーリンク

 

事故現場の様子

 

参照元:さくらんぼテレビ

 

乗用車には3人が乗っており、

後部座席にいた20代の男性が意識不明の重体でしたが、

病院に運ばれその後亡くなりました。

また他の2名も怪我を負い、1名は重傷ということです。

トラックの運転手も怪我をしています。

 

スポンサーリンク

 

事故が起きた原因

 

事故が起きた原因はなんだったのでしょうか。

乗用車は、トラックを追い越そうと、

対向車線を走行していました。

その際、対向車線からは別のトラックが

向かってきており、それに気がつかず

そのまま正面衝突しました。

トラックの運転手の証言では、

乗用車はブレーキも踏まずそのまま対向車線を走ってきたそうです。

おそらくトラックに気がついていなかった可能性があります。

現場は見通しがいい場所のようですが、

午前4時半では視界が悪かったのでしょうか。

 

しかしトラックもライトをつけていたはずです。

もし事故の相手がトラックではなく

普通乗用車だったら被害者の方も亡くなっていたかもしれません。

現場は国道、そしてトラックを追い越していたということで、

スピードがかなり出ていた可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

とても痛ましい事故です。

無理な追い越しをした結果です。

また朝早いということで、車がいないと思い込んでいたのでしょうか。

 

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。