西原町翁長火事!火災で1人が死亡 現場はどこだった?火事の様子まとめ

スポンサーリンク



 

4月8日午後6時半頃、

沖縄県西原町翁長の平屋で

火災が発生しました。

この火事は約2時間半後の午後9時頃に

鎮火しましたが、住宅1棟が全焼し

焼け跡から1人の遺体が発見されています。

 

現場はどこだったのか、現場の様子等まとめてみました。

 

 

西原町翁長の住宅で火災発生

 

8日午後6時半ごろ、沖縄県西原町翁長でコンクリート造の平屋1戸が全焼する火災があった。東部消防組合消防本部によると、焼け跡から1人の遺体が発見された。通報した家族から「逃げ遅れた男性が1人いる」との情報があり、消防が身元の確認を進めている。現場にいた近隣住民や親戚によると、火災のあった家には高齢の夫婦と長男家族、次男が住んでいた。親戚の男性(58)は「次男の携帯電話を鳴らすがつながらない」と安否を心配した。東部消防によると、火災は通報から約1時間半後の午後8時ごろ鎮圧、同9時すぎに鎮火した。8台の消防関係車両が出動した。
火災現場は県道29号沿いで交通量も多い場所。周辺は交通規制が敷かれ、路線バスが立ち往生するなど渋滞した。現場近くに住む女性(70)は「火災があった家には足の悪い高齢の女性がいる。火事があって誰かが助けたとも聞いたけどどうなったのか心配」。3人の子どもを連れた女性(26)は「兄が家の住人と友達でよく知っている。高齢夫婦の孫もいると聞いている」と不安そうに消火活動を見守った。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00406790-okinawat-oki

 

 

火災の現場

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

火災が発生したのは、

沖縄県西原町翁長のコンクリート造の平屋です。

現場は、沖縄自動車道にしはらインターチェンジから

南に1kmほどにある県道沿いの住宅地です。

 

この家には、高齢の夫婦と長男家族、次男が住んでおり

現在次男と連絡が取れていません。

 

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

発見された遺体は次男である可能性が高いということです。

 

空気が乾燥していますので、本当に火の取り扱いには

十分にご注意ください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。