寝屋川市ロープ殺人未遂事件の容疑者は誰?目的は?バイクがロープに引っかかり女性が重傷

 

4月29日午前2時半頃、

大阪府寝屋川市成田南町の市道で、

バイクに乗った女性が、

道に張られたロープに引っかかり、

転倒し左足などを骨折する重傷を負いました。

警察は悪質ないたずらとして殺人未遂事件として捜査を続けています。

 

事件の詳細や容疑者の目的はなんだったのか等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

寝屋川市成田南町でロープ殺人未遂事件発生

 

29日午前2時半ごろ、大阪府寝屋川市成田南町の市道で、バイクで走っていた同市の新聞配達員の女性(77)が道路に張られていたロープに引っかかって転倒した。女性は足などを骨折する重傷。府警は悪質ないたずらとみて、殺人未遂事件として調べている。
寝屋川署によると、現場は中央線のない直線道路で幅は約6・7メートル。ロープはナイロン製で、スーパーの駐車場にある鉄製の柱と向かい側にある理髪店のサインポールの間を1周巻かれていた。女性は出勤途中で、事故後に「ロープに気づかずに突然転倒した」と話しているという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000012-asahi-soci

 

スポンサーリンク

 

ロープが張られていた場所

 

ロープが張られていたのはどこだったのでしょうか。

 

ロープが張られていたのは、

大阪府寝屋川市成田南町の市道ということです。

現場はスーパーと理髪店がある場所ということで、

調べて見ると「マルヤス成田南店」が該当する可能性が高いです。

向かいにも地図のように理髪店があります。

 

スポンサーリンク

 

ロープはどのように張られていたのか

 

ロープはスーパーの駐車場敷地内にある鉄製ポールから道路の向かい側にある理髪店のサインポールを折り返し、再び元の鉄製ポールに結び付けてあった。スーパーの営業時間外に駐車場の出入りを規制するために使用されていたものとみられる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000019-kyodonews-soci

 

この内容を見ると、

ロープはかなりしっかりと張られていることがわかります。

ロープは幅約6.7mの道路にナイロン製のものを使用していたということです。

 

車ならそのまま走行しても問題なさそうですが、

バイクだと明らかに引っかかり転倒することがわかります。

 

スポンサーリンク

 

容疑者や目的は何?

 

現在容疑者についての情報は入っておりません。

しかし、スーパー付近ということで

防犯カメラに何かしらの姿は確認できるかもしれません。

 

以前にも道にロープを張る事件が発生しています。

その時の動機は

「イライラして、ストレスを発散したかった」というものです。

おそらく今回の容疑者も殺人をしたいとは思っていないはずです。

ただ人に迷惑をかけたかった可能性が高いです。

模倣犯の可能性が高いです。

 

事件発生時間が午前2時半頃ということは、

容疑者がロープを仕掛けたのは、4月29日午前0時頃〜午前2時頃の

人通りが少ない時間帯のはずです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者の情報がわかり次第更新していきます。

早く容疑者が逮捕されることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。