成田空港接触事故 ANA貨物機っとフェデックスが接触!機体の画像や動画まとめ

 

3月21日午後8時半頃、

成田空港で、全日空(ANA)の貨物機と

アメリカの貨物航空会社フェデックスの貨物機が

接触する事故が発生しました。

この事故で両機体が破損したということです。

 

接触事故でけが人や他の便への影響はありませんでした。

どのような事故だったのか、実際の機体の画像や動画を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

成田空港で接触事故発生

 

 

21日夜、成田空港の駐機場で貨物機同士が接触する事故があった。
成田国際空港会社などによると、21日午後8時半ごろ、成田空港の駐機場で、中国・上海行きの貨物機・全日空8517便と、同じく上海行きの貨物機・フェデックス5015便が接触した。
当時、2機はいずれも出発するため滑走路に向かって移動している途中で、接触によって全日空機は、機体後部の尾翼の一部が欠けたという。
この事故でケガ人はおらず、他の便の運航への影響もなかったが、成田空港会社などが当時の状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190322-00000019-nnn-soci

 

スポンサーリンク

 

機体の様子映像

 

各マスコミが報道した映像をまとめてみました。


参照元:ANN


参照元:NNN


参照元:JNN

スポンサーリンク

 

機体の画像

 

参照元:ANN

この事故でANAの貨物機は、垂直尾翼の一部が破損。

またフェデックス機も垂直尾翼及びエンジン部分が

損傷したということです。

貨物を積み込んだ全日空機を車両で押して

バックしていたところにフェデックス機と接触したということです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

幸いけが人等が出なくて本当によかったです。

当時は管制塔の指示ではなくANAの社員の指示によって動いていたそうです。

 

事故の原因が追求され次第更新していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。