奈良県生駒市虐待死 事件の真実が明らかに!岡田剛容疑者が8歳の息子を殴り死亡した事件の真相

奈良県桐生市で、歯科技工士の岡田剛容疑者が8歳の息子を殴り

虐待死させた事件がありました。

ネットでは、多くの意見がいまだに飛び交っております。

事件から数日経ち、岡田容疑者から新たな陳述が出たのでまとめてみました。

スポンサーリンク

 

事件の概要

 

 

奈良県生駒市で、歯科技工士の岡田剛容疑者が、8歳の息子に暴行を加え、

死なせたとして、19日、傷害致死の疑いで逮捕されました。

岡田容疑者は、「頭を殴りつけたことに間違いはありません。」と供述しています。

 

容疑者の詳細

・名前:岡田 剛容疑者

・年齢:36歳

・職業:歯科技工士

 

被害者の詳細

・名前:岡田 勇心(ゆうしん)君

・年齢:8歳(小学3年生)

・死因:左硬膜外血腫

 

事件の発生から逮捕、また、司法解剖までを時間軸で説明します。

 

17日に犯行に及ぶ

自宅で飼っているウサギをおりから出さない約束をしていたが、

勇心(ゆうしん)君(亡くなった子供)が約束を破り、さらに言い訳をしたため、しつけの一環で、頭を殴打する。

 

18日朝、岡田剛容疑魏者が息子勇心君が、息をしていないことに気づき119番通報をする

 

19日に司法解剖で頭部左側に陥没骨折があり、脳内出血していたことが判明。

死亡推定時刻は18日午前4時ごろであると判明しました。

勇心君に目立った外傷はなかったそうです。

21日に岡田剛容疑者を、傷害致死の容疑で地検に送検

 

岡田剛容疑者の弁解

 

岡田容疑者は、捜査関係者に以下のように述べていたそうです。

スポンサーリンク

 

「こめかみ付近をグーで1回殴った。死ぬとは思わなかった。

と述べているようです。

こめかみは、人間にとっては、急所であるとされています。

それに加え、まだ8歳では、骨が完璧には完成していないため、ただでさえもろい状態です。

そこに、大の大人がグーで殴打すれば、死んでしまうのも無理はありません。

そして、死亡推定時刻が、4時というのもおかしな話ですね。

 

殴った時はまだ息はあったけど、睡眠中に亡くなってしまったということでしょうか。

 

ネットの反応は

 

子供の叩き方を教科書に載せるべきだな。

父親もDQNでバカなんだろうな
なんでテンプルなぐるかな

そんな箇所殴るなよ・・・

急所をピンポイントで殴るアンポンタン
ボクサーですらガードするのに

親父にどつかれた事はあるけど上からゴチンか平手打ちだったな
こめかみは友達とケンカしたときでも記憶に無いわ

うさぎを檻から出したくらいで怒るなら飼うなよ
優しい子だったろうに

DQNのしつけ好きは異常
諭す知能がないから暴力依存

信じられないな。
なぜ折檻ごときで大事な息子を死なせるなよ。
よそのうちのことでも涙出てくる。
バカ親父。

「グーで殴った」って言い方は、単に言葉を知らないのか
意図的にマイルドな印象を与えるためなのか
「拳で殴った」って言えばいいのに

実際はブチギレて感情に任せて殴っただけだろ
躾の為とか笑わせんな

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

だいたいのことは明らかになっていますが、まだ取り調べの余地はあります。

本当に1回しか殴ってないのか。なぜ死亡推定時間が4時なのか。

なぜこめかみを殴ったのか。

今後、捜査が進むことを願います。

スポンサーリンク

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。