中津市唐揚げ店爆発 総本家もり山 三光本店が爆発し90歳の男性が怪我!現場の様子まとめ

 

5月11日午前9時20分頃、

大分県中津市の唐揚げ店

総本家もり山 三光本店」で爆発がありました。

この爆発で仕込みをしていた

90歳の男性が怪我をしています。

 

一体何が起きたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

中津市唐揚げ店で爆発が起きる

 

11日朝、大分県中津市のから揚げ店で爆発があり、90歳の男性がけがをしました。
午前9時20分ごろ、中津市のから揚げ店「総本家もり山三光本店」で「爆発があった」と近くの住民から119番通報がありました。店舗の壁や窓ガラスなどが爆風で飛ばされたほか、厨房(ちゅうぼう)が燃えましたが、火は約40分後に消し止められて延焼はありませんでした。開店前の準備をしていた90歳の男性が顔や手などにやけどをして市内の病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。警察は何らかの原因でガスが充満して爆発が起きた可能性があるとみて、詳しい原因を調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190511-00000032-ann-soci

 

スポンサーリンク

 

爆発はどこで起きた?

 

爆発があったのはどこだったのでしょうか。

 

爆発が起きたのは、

大分県中津市三光原口653にある、

唐揚げ店「総本家もり山三光本店」です。

老舗の唐揚げ屋さんのようで、地元の方からはとても愛されていたということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 


参照元:ANN映像

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

爆発の原因はガスが部屋に充満していたためということです。

カス漏れの可能性が高そうですね。

怪我をした男性の命に別条はないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。