名古屋市中川区ひき逃げ現場はどこ?容疑者の車の特徴は?被害者は酒に酔って道に寝ていた?

 

7月14日午前2時15分頃、

名古屋市中川区八幡本町の県道で、

ひき逃げ事件が発生しました。

この事件で男性は右足のみを引かれ、骨折したということです。

どうやら被害者の男性は酔っ払って

路上に寝ていた可能性があるということです。

確かに右足だけひかれるというのは

あまり聞いたことがないですね。

 

事件の詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

名古屋市中川区でひき逃げ事件

 

名古屋市中川区で14日未明、歩行者の男性が車にひき逃げされ重傷を負いました。警察が逃げた車の行方を追っています。
14日午前2時15分ごろ、名古屋市中川区八幡本通の県道で、道路上にいたとみられる中村区の会社員の男性(39)が、車にはねられました。
車は男性をはねたあと東の方へ逃げました。男性は右足のみを車にひかれたとみられていて、右すねの骨を折る重傷です。
当時、男性はかなり酒に酔っていて道路上で寝ていた可能性もあるということで、警察は事故の原因を調べるとともに逃げた車の行方を追っています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00023306-tokaiv-soci

 

 

泥酔状態で道路に寝ていたところ、

乗用車が来てそのままひいてしまったといった感じでしょうか。

ちょうど路側帯から右足が出た状態となっており

そこにたまたま通りかかった車が引いてしまったのでしょう。

ひいてしまった車の運転手の方が災難ですが、

足をひいたなら絶対気がつくはずですからね。

救護措置を取らなかったのは運転手の責任です。

 

スポンサーリンク

 

ひき逃げが発生した場所

 

ひき逃げ事件が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:東海テレビ 

 

ひき逃げが発生したのは、

愛知県名古屋市中川区八幡本町の

県道115号線です。

 

日中でしたらかなり見通しの良さそうな道路です。

事故が発生したのは午前2時15分だったため、

日中ほどは見通しは良くはありません。

そして、急に寝ている人がライトに入って来ても

急には車は止まれませんからね。

本当に車の運転手が可愛そうですね。

 

スポンサーリンク

 

容疑者の特徴は?

 

現在逃げた容疑者の車の特徴等は分かっておりません。

現在わかっているのは、

東の方向へ逃げたということとのみです。

 

容疑者について新たな情報が入り次第更新して来ます。

 

SNSのコメント

 

  • はっきり言えば自分をコントロール出来ない位泥酔して寝てるやつが悪い。が、勿論逃げる方も悪い。けど果たして皆救護処置をする事ができますかね?
    立派なことを言う人が多いですけど自分は当事者になったら色んな事がフラッシュバックして自信はないですけど・・・

 

  • ひき逃げは許されない。
    しかし路上で寝ていた人物にも問題あり。路上で寝ていなければ、こんな事故は起こっていなかったと思うが。

 

  • 日本は飲酒に対して寛容過ぎると思うのは自分だけなのかな。タバコや薬物に対してはヒステリックに反応するのに。夜間で雨でも降っていて街灯の無い道路上で寝てられたら轢かれて当然だと思うけど。同情の余地はないわ。

 

  • 明らかに歩行者側に(寝てるけどな)明確な落ち度があった場合は車側の責任を軽くする法律が必用と思う
    無論前方不注意ではあるけど流石にあんまりだ

 

  • 明らかに歩行者側に(寝てるけどな)明確な落ち度があった場合は車側の責任を軽くする法律が必用と思う
    無論前方不注意ではあるけど流石にあんまりだ

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

酔っ払って路上で寝ていたのなら、運転手が気づかず

ひいてしまうおも分からなくもないですが・・・

早く容疑者が見つかることを祈ります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。