名古屋市港区無理心中か?高齢夫婦が首を吊って死亡しているのが発見!死後4日以上経過か

スポンサーリンク



 

7月4日午前6時15分頃、

名古屋市港区木場町の団地の一室で、

高齢夫婦が首を吊って死亡しているのが発見されました。

室内が荒らされた様子がないことから、

警察は夫婦が無理心中を図った可能性が高いという見解を示しています。

 

 

名古屋市港区で高齢夫婦が無理心中か?

 

4日朝、名古屋市港区の集合住宅で高齢夫婦とみられる2人の遺体が見つかり、警察は無理心中を図ったとみて身元の確認を進めています。
4日午前6時15分ごろ、名古屋市港区木場町の木場団地の一室で地区の民生委員から「夫婦で暮らしているが新聞が4日以上溜まっている」と警察と消防に通報がありました。
警察と消防が駆けつけると、室内で70代くらいの男性と80代くらいの女性が死亡しているのが見つかりました。
警察によりますと、2人はこの部屋に住む高齢夫婦とみられ、男性は和室で首を吊った状態で女性は隣の部屋で倒れていました。
また、室内に荒らされた跡はなく、台所から遺書のようなものが見つかり、警察は現場の状況などから2人が無理心中を図ったとみて身元の確認を進めています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00023119-tokaiv-soci

 

 

遺体が発見された場所

 

遺体が悪見されたのはどこだったのでしょうか。

参照元:東海テレビ 

 

遺体が発見されたのは、

愛知県名古屋市港区木場町にある

UR都市機構木場団地の一室です。

亡くなった男性は和室で、女性は隣の部屋で倒れていたということです。

 

 

事件性はない?

 

どうやら室内に荒らされた形跡はなく、

台所には遺書が発見されたということです。

また女性が隣の部屋で倒れており、

男性が和室で首を吊っていたのなら、

男性が女性を殺害した後、男性が自ら首を吊ったというのもわかります。

 

この部屋には70代の男性と80代の女性の夫婦が住んでいたということですが、

4日以上新聞が抜かれていない状態を不審に思った

民生委員から警察と消防に連絡がいったということです。

というと死後4日以上は立っているということでしょうか。

 

 

SNSのコメント

 

悲しい最期だね。それでもきっとこの夫婦にも若く楽しい時はあったんだよ…これは決して他人事ではない。この先高齢者が増え老老介護に生活苦により無理心中をする人が増えると思う。そうならない為にも周りとの関わりは大切にしたい。そう思う。

 

二人のこれまでの人生を振り替えって、独身時代、新婚時代、仕事、定年、色んな事が沢山あったと思う。
誰にも知られず二人で自殺を選ぶ結末は、悲しすぎる。
今の日本はどの先進国と比べても今まで頑張って日本を支えてくれた老人にあまりにも待遇が軽視されている。
誰しもが行き着く先なのに。

 

日本は子供と老人を大切にしない国やと心理学の先生が言ってた。
それもこれも、資源の無い国で、今の経済大国である現状は労働力で賄われているだけに、直接お金を産む世代だけを重宝するようになるのが自然の摂理として仕方ないのかもと思ってしまう。
決して良いとは思えないけど。

 

今まで生きてきたのに、死を選択せざるを得なかった背景には何があったのでしょうか?
孤独な老後は悲しすぎます。

 

このような結末を選択しなければならない今の日本、日本人の誇りを捨てなければならぬ世の中なのか、他の国へ行けばならないのかな

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

毎月1件は高齢者の無理心中のニュースがあるように思います。

高齢者が生きにくい世の中になってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。