名古屋市景品交換所強盗事件の犯人特定は?現金400万円を奪って逃走!

スポンサーリンク


 

1月22日午前10時頃

愛知県名古屋市緑区のパチンコ店の景品交換所で

男2人組が現金400万円を奪う強盗事件が発生しました。

 

容疑者2名は現在も逃走中です。

 

容疑者の特徴や事件の詳細等調べてみました。

 

 

名古屋市の景品交換所で強盗事件

 

22日午前10時10分頃、名古屋市緑区相川のパチンコ店「パチンコ相生センター」の景品交換所から、現金約400万円が奪われたと110番があった。
愛知県警の発表によると、2人組の男が景品交換所のドアを開けて押し入り、卓上に置いてあった現金をわしづかみにして徒歩で逃げた。交換所には女性従業員(85)がいたが、けがはなかった。ドアは無施錠だったという。
県警は強盗容疑で調べている。2人はいずれも中肉で、1人は上下とも紺色っぽい服装、もう1人はベージュ色のパーカーと黒いズボン、ニット帽を身に着けていたという。
参照元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20190122-OYT1T50056.html

強盗事件が発生した場所

 

 

強盗事件が発生した景品交換所はどこなのでしょうか。

 

事件が発生したのは、愛知県名古屋市緑区相川2丁目にある

「パチンコ相生センター」の敷地内にある景品交換所です。

 

当時店には85歳の女性従業員が一人いましたが、

容疑者2名に目を隠された好きに、卓上にあった現金を奪いました。

 

 

 

 

容疑者2名の特徴

 

容疑者2名の特徴は以下の通りです。

 

2人とも中肉中背で、1人は上下とも黒っぽい服装で、紺色の袋を用意していたそうです。

 

もう1人は茶色のパーカーに黒のパンツ

黒いニット帽にマスクをしていました。

 

容疑者2名は、店から走って逃走していたとの目撃情報があります。

 

防犯カメラもあることから犯人特定は時間の問題ではないでしょうか。

 

 

SNSのコメント

 

強盗事件のニュース記事を読んだ方のコメントを抜粋しました。

 

景品店は強盗が起こりやすいんだから店側にも管理体制をしっかりやってないからこういう事になる。
買取りを廃止して、景品か景品カタログでの対応に切り替えれば、依存症も減るだろうし、健全化が進むと思います。
パチンコの換金を無くせば良い。
三店方式でもギャンブル。
景品交換所強盗ってよくあるけど逮捕されたって話聞いたことないよな
交換所で400万は割に合わなかったですねえ。
でも最近はそれぐらいしか置いてないかな。
ここのおばあちゃん足が不自由だからな。
それを狙われたな。
おばあちゃん大丈夫かなー?
交換所運営って公安関係か暴力団関係なんでしょ、犯人も度胸あるわ!
85歳の女性が一人でって、強盗してくれって言っているようなもんじゃん。
それにしても、景品交換所に大金がある不思議(笑)
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190122-00000059-asahi-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

確かにパチンコの景品交換所は現金が集まるところなので

強盗に押し入られやすい場所です。

 

そこを85歳の女性1人に任せるというのも不思議ですね。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。