長崎線自殺した高校生の高校は?鍋島駅付近の踏切高校生男女2名が飛び込みか?

 

5月13日午後9時ころm

佐賀市鍋島町のJR長崎線の踏切で発生した人身事故で、

2名の男女の高校生が飛び込み自殺をした

可能性が高いということが明らかとなりました。

 

2人はどちらも外傷性出血性ショックで亡くなっています。

事故の詳細や2名の高校生について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

JR長崎線鍋島町の踏切で高校生が自殺か

 

佐賀市のJRの踏切で13日夜、県立高校に通う16歳の男女2人が列車にはねられ、死亡した。
13日午後9時前、佐賀市鍋島町八戸のJR長崎線の踏切で、男女2人が下りの普通列車にはねられた。警察によると、はねられたのは佐賀市内に住む県立高校2年の16歳の男女で、少年は現場で死亡、少女は運ばれた病院で死亡が確認された。列車の乗客・乗員約70人にケガはなかった。
現場はJR鍋島駅に近い遮断機のある踏切で、警察の調べに列車の運転士は、「2人が線路に入ってきて立ち止まった。ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているという。警察は自殺の可能性が高いとみて、当時の状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190514-00000062-nnn-soci

 

スポンサーリンク

 

飛び込みが発生した場所

 

飛び込み事故が起きたのはどこだったのでしょうか。

 

参照元:NNN映像

飛び込みが起きたのは、

佐賀市鍋島町八戸の

JR長崎線鍋島駅付近の

八重踏切ということです。

スポンサーリンク

 

亡くなった2名の高校生

 

この事故で亡くなったのは、

佐賀県内の県立高校に通う16歳の高校2年生の男女ということです。

 

佐賀県内の県立高校は以上の通りです。

数が多いので特定することができませんでした。

2人には争った形跡がなかったということ、

遮断機をくぐって踏切に入ってくるとこが目撃されていたことから、

2名は自殺を図った可能性が高いということです。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

どうやら自殺をほのめかすようなメモが

見つかったことが明らかとなりました。

2名が通う高校ではいじめがあったことは確認されていないということです。

2名が亡くなった5月13日に2名はいつも通り学校に通っていました。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

中高生の自殺が後を絶ちません。

学校が辛かったのか、家庭環境に問題があったのか。

理由が現在わかりませんが、

学校に行かないという選択肢もあります。

どうか大切な命を簡単に失わないでください。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。