武蔵陵墓地遺体発見!自殺か?殉死の可能性あり近くにボウガンが発見 現場の様子はどうなってる?

 

5月1日午前7時頃、

八王子市にある武蔵陵墓地で、

男性の遺体が発見されました。

遺体の近くにはボウガンが落ちており、

男性はボウガンを使い自○した可能性があるということです。

 

現場の様子はどうなっているのでしょうか。調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

武蔵陵墓地で男性が自殺か

 

昭和天皇などの御陵がある東京・八王子市の武蔵陵墓地で5月1日朝、男性が倒れているのが見つかり、死亡が確認された。警視庁は、事件と事故の両面で捜査している。
男性が倒れていたのは東京・八王子市にある武蔵陵墓地。警視庁によると、1日午前7時すぎ、宮内庁の職員から男性が倒れていると通報があり、警察官が駆けつけたところ、男性はすでに死亡していたという。近くには凶器とみられるボウガンのようなものが落ちていたという。警視庁は、事件と事故の両面で捜査している。
武蔵陵墓地は昭和天皇などの墓である御陵があり、現在は上皇さまと上皇后さまの御陵の建設が進められている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190501-00000035-nnn-soci

 

スポンサーリンク

 

遺体が発見された場所

 

遺体が発見されたのはどこだったのでしょうか。

 

遺体が発見されたのは、

東京都八王子市長房町1833に所在している

武蔵陵墓地です。

男性が倒れていたのは、

大正天皇が埋葬されている多摩陵の西側にある、

工事中のエリアだったということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

現場の様子はどうなっているのでしょうか。

 

参照元:NNN映像

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

亡くなった男性がどのような男性だったのかはわかっておりませんが、

5月1日に自○し、場所が場所なだけにそれなりの理由があったのではないでしょうか。

新たな情報が入り次第更新していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。