富士山落石死亡事故発生!20代の女性が落石に当たったか 現在富士吉田ルートは通行止め

 

8月26日朝、富士山山頂付近で、

20代の女性が倒れいているのが発見されました。

女性は頭部に落石が直撃したということで、

5合目まで運ばれましたが亡くなりました。一体何があったのでしょうか。

 

 

富士山で落石により死亡事故が発生

 

 富士山の山梨県側の山頂付近の登山ルートで26日朝、落石が登山中の20代の女性の頭部に直撃し、女性が死亡した。
午前7時ごろ、山梨県の富士山5合目管理組合センターに、「救急車をお願いします」と119番通報があり、6合目に常駐している医師が、富士山吉田口登山道の山頂付近に向かったところ、登山中の20代の女性が倒れているのが見つかった。
女性は、複数で登山していた際、頭部に落石が直撃し、5合目まで運ばれたが、死亡が確認された。
吉田口登山道は、石積みが崩落し、登山道に落石したため、7月1日の山開きの際は、8.5合目から山頂までは登れず、その後、山頂までの通行が可能となっていた。
警察や山梨県は現在、登山道を通行止めにして、事故の状況を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190826-00422958-fnn-soci

 

 

吉田口登山道では以前にも落石

 

被害者の女性は山梨県側の山頂付近で、

落石による事故にあってしまったということです。

 

吉田口登山道は以前にも落石があり、

7月1日の山開きの際には、山頂まで登ることができなくなっていたという音です

しかしその後山頂まで登ることが可能となったようですが、

事故現場は、以前通行止になっていた場所だったのでしょうか。

 

登山にヘルメットを持っていくかたも多いということですが、

この女性は持っていかなかったのでしょう。

確かに富士山に登山する人を見ていると、

すごく軽装な方もいらっしゃいます。

確かに3700m級と世界の山に比べれば、

比較的登りやすい山であることに違いありませんが、

それでも死者が出ている山です。

今回の事故は落石ということで、ヘルメットを被ること以外では、

防ぐことはできなかった事故です。

 

 

SNSのコメント

 


 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

20代という若さでお亡くなりなってしまって、本当に悲しいです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。