水戸市酒門町強盗事件 容疑者の顔画像は?4人組が押し入り夫婦を縛り現金12万円を奪い逃走

 

8月22日午後11時15分頃、

水戸市酒門町の住宅に、

強盗が押し入り現金12万円と携帯3台などを奪って逃走する強盗事件が発生しました。

容疑者は4人で高齢の夫婦を縛って、犯行に及んだということです。

事件の詳細やにげた容疑者の特徴などについて調べてみました。

 

 

水戸市酒門町で強盗事件発生

 

22日夜、水戸市の住宅に目出し帽をかぶって顔を隠した4人組の男が押し入り、この家に住む夫婦の手足を粘着テープで縛ったうえ、現金およそ12万円などを奪って逃げました。
夫婦にけがはなく、警察は強盗事件として捜査しています。
22日午後11時すぎ、水戸市酒門町の住宅に4人組の男が押し入り、この家に住む74歳の男性を「騒ぐと殺す」などと脅して、男性と69歳の妻の両手足を粘着テープで縛ったうえ、現金およそ12万円と携帯電話3台などを奪って逃げました。
当時、男性と妻は寝室で一緒に寝ていたということです。
事件のあと、男性は自力で粘着テープをほどいて近くの住宅に駆け込んで警察に通報するよう求め、男性と妻にけがはありませんでした。
警察によりますと、4人はいずれも黒い目出し帽をかぶって上下とも黒っぽい服を着ていて、身長が1メートル65センチから80センチぐらいだったということです。
現場は水戸市中心部から3キロあまり離れた住宅地で、警察は強盗事件として当時の状況を詳しく調べるとともに、逃げた男らの行方を捜査しています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20190823/1070007154.html

 

 

強盗事件が発生した場所

 

強盗事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

水戸市酒門町の住宅です。

住宅の場所の詳細は明らかとなっておりませんが、

事件現場は水戸市の中心部から3kmほど離れた住宅街ということです。

この住宅には74歳の男性と69歳の女性が住んでいたということです。

 

 

逃げた容疑者の特徴

 

 

容疑者らは上の住宅に押し入り、

住んでいた高齢夫婦を粘着テープで縛り、

「騒ぐところす」などと脅し財布にあった現金や携帯などを奪いました。

強盗が逃走した後、夫婦は自力で粘着テープを取り、

近所の住民を通じて110番通報したということです。

この夫婦にけがはありません。

 

現在までに明らかとなっている容疑者らについての情報をまとめました。

 

人数 4人組
性別
身長 165cm〜180cmほど
服装 4人とも上下黒っぽい服を着ており、黒の目出し帽を着用

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者は現在も逃走中です。

4人で12万円を奪って逃走したということは、

もちろんこれではあまりにも少なすぎます。

犯行を繰り返す可能性があります。

容疑者が逮捕されるまでは、戸締りをしっかりしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。