三田市ひき逃げ事件!志手原小学生2人が車にはねられる!乗用車は逃走中

 

3月6日午後3時半頃、

兵庫県三田市の交差点でひき逃げ事故が発生しました。

 

被害者は、下校中の小学生2人で、

かすり傷や打撲を負いましたが

命に別状はないということです。

 

小学生2人をひいた車は

現在も逃走しているということです。

 

事件発生現場や、事件の詳細を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

三田市小学生がひき逃げ事故にあい軽傷

 

3月6日午後、兵庫県三田市で下校中の小学生2人が車にはねられ、軽傷を負いました。
車はそのまま逃走していて警察がひき逃げ事件として捜査しています。
3月6日午後3時半ごろ三田市志手原の交差点で北から南に横断歩道を渡っていた下校途中の小学3年生の男子児童2人が、右折してきた乗用車にはねられました
警察によりますと、児童らはかすり傷や打撲を負いましたが、そのまま帰宅。
事情を聴いた母親が交番に行き、事件が発覚したということです。
逃げた車は小型で茶色のワンボックスカーとみられ、一度止まったものの西に逃走していて、警察は逃げた車の行方を追っています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010006-suntvv-l28

 

スポンサーリンク

 

ひき逃げ事件が発生した場所

 

ひき逃げ事故が起こったのは、

どこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

兵庫県三田市志手原の交差点ということです。

 


参照元:サンテレビ

こちらが実際に事故があった交差点です。

 

スポンサーリンク

 

逃げた容疑者の車の特徴

 

逃げた車は小型で茶色のワンボックスカーとみられ、一度止まったものの西に逃走。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010006-suntvv-l28

 

こちらが現在までにわかっている容疑者の特徴です。

午後3時半というと目撃者も多くいたことでしょう。

しかし、被害者の小学生がかすり傷や打撲ということなので、

車が破損するほどの衝撃ではなかったはずです。

 

現場を通っていた車のドライブレコーダーや、

近くの防犯カメラの映像から手がかりを探すしかなさそうです。

 

事件の詳細

 

事件発生日 3月6日
発生時間 午後3時半頃
事件現場 兵庫県三田市志手原の交差点
事件内容 小学生2人をはねてそのまま逃走

 

小学生2人が交差点の横断歩道を歩行中に、

右折してきた乗用車が2人をはねてそのまま逃走しました。

 

右折ということは、小学生の姿は確認できたはずです。

現場の画像を見ると

信号機もしっかりあるので、

明らかに運転手の前方不注意でしょう。

 

一度止まったということなので、

ひいてしまった自覚はあるのでしょう。

なぜ乗用車の運転手は、ひいてしまうと逃げてしまうのでしょうか。

逃げた方が罪が重くなるということを理解していないドライバーが多いですね。

結局逃げたところで警察は車の少しの異変を見逃しません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

小学生はかすり傷や打撲で済んで本当によかったです。

倒れた時にできた傷でしょうか。

 

捕まるのも時間の問題だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。