三島市ウサギの頭部が発見!ペットのウサギを殺害し放置か?少年Aのような残虐性あり

スポンサーリンク



 

8月11日午前6時25分頃、

静岡県三島市富士見台の路上で、

ウサギの頭部が発見されました。

頭部は刃物で切断された後があり、

現在胴体は見つかっていないということです。

 

一体何が起きたのでしょうか。

事件の詳細について調べてみました。

 

 

三島市富士見台でウサギの頭部が発見される

 

11日午前6時25分ごろ、静岡県三島市富士見台の路上に、ウサギの頭部が置かれているのを付近の住民が見つけ警察に通報した。
県警三島署は動物愛護法違反などの疑いで捜査している。
同署によると、ウサギの頭部は一部茶が交じった白色で、ペットなどとして飼われていたとみられる。首を刃物のようなもので切断されており、胴体は見つかっていない。同署は他の場所で切断されて運ばれ、路上に放置されたとみている。
現場は住宅街で、交通量はそれほど多くないという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000026-jij-soci

 

 

ウサギの首が発見された場所

 

ウサギの首が発見されたのはどこだったのでしょうか。

 

遺体が発見されたのは、

静岡県三島市富士見台の路上ということです。

現在詳しい現場は分かっていませんが、

現場は、住宅街で交通量がそれほど多くない場所ということです。

 

容疑者の男が近くに住んでいるのか、

それとも交通量が少ないという理由からここに放置したのか。

 

おそらく近くに住んでいる可能性が高いです。

 

 

容疑者の暴力的な人間か

 

警察は現在殺害されたウサギを

ペットだったとしています。

このウサギの頭部は一部が茶色が混じった

白色だったということです。

 

おそらく大きくなりすぎて自宅で買いきれなくなったのでしょうね。

動物虐待をする容疑者は大体が人間の殺害にも

興味を持っている可能性があります。

これまでにも似たような事件がありましたね。

動物を殺害してついには・・・

 

今回そのような事件が発生する前に、

この容疑者を捕まえて欲しいと思います。

 

 

SNSのコメント

 

  • 私も同じような兎の頭部に出会った経験が有ります。
    発見場所は開けた林道の真ん中で、首がすっぱりと切断されていました。
    しかし発見場所から、犯人はやや大きめの猛禽類では無いかと推定しました。
    今回のケースでも、同じ事が言えるのでは無いでしょうか?

 

  • 前例もあるように、この犯人つぎは人間を狙う可能性大。即捕まえてくれ!

 

  • 自分より弱い小動物の命を粗末に扱い、異常行動は後に凶悪犯罪につながりかねない。早急の検挙を望むとともにこのような報道が第2の犯罪を
    煽る事にならなければいいのですが、、

 

  • これが小・中学生の犯行なら、将来がかなり不安。

 

  • 後に重大事件を引き起こす可能性が高いし、即刻捕まえて島流しでもしてほしい

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

命の大切さをわからない人間の愚かな行為です。

人間に危害が及ぶ前にすぐにでも逮捕していただきたいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。