南魚沼市クレーン車事故 7歳の娘が死亡 事故の原因は何?車庫から出ようとした時の事故か

スポンサーリンク



 

7月23日午前7時頃、新潟県南魚沼市西泉田で、

建設業の清水博紀さんが運転するクレーン車が、

小学2年生(7歳)の娘の彩結ちゃんをひく事故が発生しました。

この事故で彩結ちゃんが亡くなりました。

一体何が起きたのでしょうか。

事故の詳細について調べてみました。

 

 

南魚沼市クレーン車が7歳の娘をひく

 

新潟・南魚沼市で23日朝、小学2年生の女の子が、父親の運転するクレーン車にひかれ、死亡した。
警察が、くわしい事故の原因を調べている。
23日午前7時半ごろ、南魚沼市西泉田で、建設業の清水博紀さんが運転するクレーン車が、小学2年生の娘・彩結(さゆ)ちゃん(7)をひいた。
彩結ちゃんは、南魚沼市内の病院に運ばれたが、まもなく死亡した。
事故があった現場は、清水さんの自宅兼会社の敷地内で、警察によると、清水さんが車庫からクレーン車を出したところ、学校へ向かおうとしていた彩結ちゃんをひいたという。
警察が、事故のくわしい原因を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190723-00421271-fnn-soci

 

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

新潟県南魚沼市西泉田にある、清水さんの

自宅兼会社の敷地内ということです。

 

 

どのようなクレーン車だった?

 

 

こちらが実際の クレーン車のようです。

彩結ちゃんは事故後、心肺停止状態だったようです。

周りの方がAEDや心肺蘇生(人工呼吸)などをやっていたということですが、

病院に搬送され、亡くなったということです。

 

事故が起きたのは、ちょうどクレーン車を車庫から出していた時で、

そこにたまたま、彩結ちゃんが通りかかってしまったのでしょう。

クレーン車の死角に入ってしまったのでしょうね。

父親もクレーン車の扱いには慣れており、

自宅兼会社ということで、安全確認もより慎重に行っていたはずです。

 

24日に終業式があるそうで、夏休み前にこのような事故が発生してしまい、

本当に悲しいです。

 

 

SNSのコメント

 


 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

本当に悲しい事故です。

夏休み前で、なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか。

言葉が出ません。

亡くなった彩結ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。