松山市拳銃を持った意識不明の男性特定か?場所や事件の詳細とは?

スポンサーリンク


1月21日、松山市にある愛媛県庁本館前

発砲音のような音があり、

それに気づいた警備員が駆けつけたところ、

男性が倒れているのが発見されました。

 

男性は、病院へ搬送されましたが、意識不明ということです。

 

倒れていた男性は手に拳銃のようなものを握っていたそうです。

 

一体何があったのでしょうか。

調べてみました。

 

松山市愛媛県庁前で拳銃を持った男が意識不明で発見

 

21日午前2時ごろ、松山市一番町4丁目の愛媛県庁本館前で、男性1人が倒れているのを警備員が見つけた。松山東署によると、男性は拳銃のようなものを握っていた。病院に搬送され治療を受けているが、けがの程度は不明。署は身元を調べ、拳銃かどうか確認している。
署によると、高齢男性とみられる。発砲音のような音がしたため、警備員が敷地を確認し、男性を見つけた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000014-kyodonews-soci

 

「拳銃のようなもの」とは一体なんなのでしょうか。

拳銃ではないのか?

 

また怪我の程度も不明ということです。

 

 

事件発生現場

 

拳銃を握った男性が発見されたのはどこだったのでしょうか。

 

意識不明の男性が発見されたのは、

 

愛媛県松山市一番町4丁目4−2にある愛媛県庁本庁前です。

 

 

男性の正体は?

 

拳銃を持って意識不明となっている男性の正体はなんなのでしょうか。

 

現在までにわかっているのは「高齢の男性」ということです。

 

拳銃を持っていることから一般人ではないという声も多数上がっています。

 

また本当に男性が持っているのは拳銃だったのか。

 

「拳銃のようなもの」と記載していることから

現在警察が拳銃として認定するため

殺傷能力があるのかどうか等の鑑定を行っているのでしょう。

 

偽物だったらそのように発表するので

恐らく拳銃で間違いないのでしょう。

 

男性の正体がわかり次第

追記していきます。

 

 

男性はただの自殺?それとも何か訴えたかった?

 

男性は、愛媛県庁本庁前で倒れていました。

 

これはただの偶然なのでしょうか。

県や国に不満がありそのため「県庁前」で自殺を図ったと考えることもできます。

 

逃走した痕跡がないことから自殺を図った可能性が高いと

警察はみています。

 

しかし、拳銃を持った一般人というのが結びつかないので

何かしらの組に属していた方だったのかもしれません。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

男性が元旧日本軍の軍人で旧日本軍の拳銃を持っていた

という説もありますね。

 

まだ情報が少ないため全て根拠はありません。

 

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。