松阪市信号無視した解体作業員は誰?事故の詳細は?3人に重傷を負わせた危険運転

スポンサーリンク



 

2018年11月25日、

三重県松阪市曽原の国道23号線で、

信号を無視して交差点に進入し、ワンボックスカーと衝突

 

ワンボックスカーに乗っていた、会社員の女性と中学生の娘ら

3人に重傷を負わせた事件で

19歳の解体作業員の少年が逮捕されました。

 

事件の詳細と逮捕された少年について調べてみました。

 

 

松阪市で信号無視し3人に重傷を負わせた犯人が逮捕

 

 

三重県松阪市で信号を無視して事故を起こし、中学生を含む3人に重傷を負わせたとして、少年が逮捕されました。
逮捕されたのは、三重県松阪市に住む解体作業員の少年(19)です。
少年は去年11月、松阪市曽原町の国道23号線で、車で信号を無視して交差点に進入し、対向車線からUターンしたワンボックスカーの左後部に追突。運転していた津市の会社員の女性(34)と中学生の娘(12)ら3人に重傷を負わせた、危険運転致傷の疑いがもたれています。
警察は目撃者の話や防犯カメラの映像などから、少年が右折の矢印信号を無視し、交差点に相当なスピードで進入した疑いが強まったとして、危険運転致傷の容疑で少年を逮捕しました。
調べに対し、少年は容疑を否認し、「信号は見ていなかった」などと供述しています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00020574-tokaiv-soci

 

事件が起きた場所

 

接触事故が起きた場所はどこなのでしょうか。

事故が起きた現場は、三重県松阪市曽原町の国道23号線です。

 

 

 

国道23号線は直線道路で見通しも良い道路です。

 

 

逮捕された解体作業員の少年について

 

 

逮捕された解体作業員の少年はどのような人物なのでしょうか。

 

プロフィール

 

・名前:不明
・年齢:19歳
・住所:三重県松阪市
・職業:解体作業員
・容疑:危険運転致傷

 

少年は、容疑否認しています。

 

顔画像やSNS

 

現在のところ少年の顔画像は公開されていません。

 

SNSも名前が不明なため、検索することができませんでした。

 

新たな情報が入り次第更新していきます。

 

 

事故の詳細

 

衝突事故が起きたのは、2018年11月25日の夕方です。

 

少年が運転する車が、信号無視で交差点に進入し、

対向車線からUターンしたワンボックスカーに衝突します。

 

この時少年は、右折の矢印の信号を無視し、

かなりのスピードで交差点に突っ込んできました。

 

この事故で、ワンボックスカーに乗っていた

34歳の女性と、12歳の中学生の娘ら3人が重傷を負いました。

 

少年は、「信号を見ていなかった」と証言し容疑を否認しています。

 

見ていなかったとして、危険運転には変わりありません。

 

このような人物に車の運転を二度とさせてはいけません。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

毎日のように車の事故があります。

 

今回も3名の方が重傷を負う大きな事故でした。

 

車を運転している方には大きな責任があります。

交通ルールを守れないドライバーは運転をする資格はありません。

 

事故を起こす前に免許を返上してください。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。