須田昌明の顔画像は?松戸市殺人未遂事件 酒に酔って元妻を刺す 以前にも逮捕歴があった

 

5月4日夜、

千葉県松戸市で元妻の頭や腹部を

包丁で複数回刺したとして、

須田昌明容疑者殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

被害者の女性と須田容疑者は事件前

容疑者の自宅で一緒にお酒を飲んでいたということです。

事件の詳細や須田容疑者について調べてみました。

 

 

元妻を殺害しようとしたとして須田昌明容疑者逮捕

 

千葉県警松戸東署は5日、殺人未遂の疑いで自称松戸市常盤平2、無職、須田昌明容疑者(74)を逮捕した。「酒を飲んでいたので覚えていない」と容疑を否認している。
逮捕容疑は4日午後10時45分~同11時15分ごろ、容疑者の自宅で50代の元妻=同市=と口論になり、頭や腹部を包丁のようなもので複数回刺し、殺害しようとした疑い。元妻は出血多量の重傷で病院に搬送された。
同署によると、元妻は市内の別の場所に住んでいるが、当時は容疑者の自宅で一緒に酒を飲んでいたという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010000-chibatopi-l12

 

 

須田昌明容疑者について

 

現在までに明らかとなっている

須田容疑者の情報をまとめました。

 

名前 須田 昌明
年齢 74歳
住所 千葉県松戸市常盤平2丁目
職業 無職
容疑 殺人未遂

 

須田容疑者は容疑に対し

「酒に飲んでいたので覚えていない」と

容疑を否認してます。

こんな言い訳通用するわけがないのに、何を言っているのでしょうか。

 

須田容疑者の顔画像は現在公開されていません。

公開され次第更新してきます。

 

 

事件の詳細

 

事件発生日 5月4日午後10時45分〜11時15分頃
逮捕日 5月5日
事件現場 千葉県松戸市常盤平2丁目の須田容疑者の住宅
事件内容 元妻の頭や腹部を刃物で複数回刺す

 

事件前須田容疑者は50代の元妻と自宅で

お酒を飲んでいたということです。

記憶がないというのは嘘の可能性がありますが、

酔っ払うと手に負えないタイプの人間かもしれません。

 

元妻とは別居していたということです。

どのような経緯で刃物で指すに至ったかはわかりませんが、

複数回も刺していることから、かなりの殺意があったことがわかります。

 

 

これまでにも逮捕歴が

 

容疑者は2015年11月、元妻宅に包丁を持って行き銃刀法違反(刃物所持)容疑で逮捕されていた。その後も昨年9月までの間、元妻から「容疑者が自宅に押し掛けてくる」「頬をたたいてくる」といった相談が同署に複数回寄せられていた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010000-chibatopi-l12

 

もともとストーカー体質だったのかもしれませんね。

なぜこんなことがあったのに、

元妻はまだあっていたのでしょうか。

警察に相談しているなら会わなければよかったのに。

 

2人の間には色々あったと思いますが、

もしかしたらもう会わないために最後に話す場所を設けたのかもしれませんね。

 

結局2人は口論となっているので、その可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

元妻を困らせ、最後には殺人未遂を犯すなんて

最低な男ですね。

被害者の女性は出血多量で病院へ運ばれています。

一命をとりとめてくれるといいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。