京都アニメーション犯人犯行予告をしていた?顔画像やFacebook 最新情報は?

スポンサーリンク



 

7月18日午前10時35分頃、

京都市伏見区桃山町因幡にある

京都アニメーション第一スタジオで爆発火災が発生した事件で、

41歳の男が逮捕されました。

この火事で10人が死亡し、

37人が重軽傷を負っているということです。

痛ましい事件です。事件の詳細や

容疑者について調べてみました。

 

 

京都アニメーションで爆発火災発生容疑者の男が逮捕

 

18日午前10時半ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(3階建て)で爆発を伴う火災が発生した。京都府警や市消防局によると、建物1階で1人が死亡、2階で10人程度が横たわった状態で見つかり、死亡しているとみられるという。また、けが人は少なくとも36人で、うち10人は程度が重く意識不明の人もいる。6人が中等程度、20人が軽傷。他に行方不明者がおり、まだ建物内に取り残された人もいるとみられるという。
府警捜査1課によると、男が建物内に入り、1階で「死ね」と叫んでガソリンとみられる液体をまいて火をつけたという。男は府警が身柄を確保したが負傷しており、市内の病院に搬送された。男は41歳で、調べに「自分が火を放った」と話しており、府警は放火の疑いで捜査している。現場には、ポリ容器が残されており、男がガソリンを入れて持ち込んだとみている。他に刃物も残されていたという。
府警によると、男が現場から離れようとしていたため、従業員が後を追った。到着した伏見署員が建物から数十メートル離れた場所で、座り込んでいた男に話を聞いて身柄を確保した。男のやけどの深さは2度程度だったという。
当時、第1スタジオには従業員ら六十数人がいたという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000038-mai-soci

 

上記の報道は午後2時30分のものです。

速報では死者が10人が亡くなったとの情報も入っております。

まだけが人や死者が増える可能性があります。

 

 

爆発火災が発生した場所

 

この大事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

 

火災が発生したのは、

京都府京都市伏見区桃山町因幡15-1にある

京都アニメーション第一スタジオからのようです。

このスタジオには、約60数人が働いていたようです。

この爆発火災で1階〜3階の約700平方メートルが全焼しました。

 

けが人が37人以上ということは、ほとんどの方が怪我をしたということですね。

 

 

容疑者は誰?犯行予告をしていた?

 

この事件で逮捕されたのは、41歳の男ということです。

男はガソリンを建物内に撒まき

「しね」と叫びながら火をつけたようです。

また現場には刃物も落ちていました。

また男は床のみではなく、従業員にも灯油のようなものを

かけた疑いがあります。


参照元:Twitter
 

容疑者の男が書き込んだものとは決定していませんが、

本日の8時39分にふたばに犯行予告が書き込まれていたようです。

容疑者の男はおそらく

「京都アニメーション」に対して恨みがあった可能性があります。

反抗の仕方が猟奇的すぎます。

 

また現在容疑者の男も火傷を負っています。

 

 

現場の悲惨な様子

 

この火事は報道では「爆発火災」と

表現されています。

 

 

現場は逃げ場がなく、

窓ガラスを割り窓から脱出する方などもいたということです。

 

 

くっきりと足の裏の形が残っています。

裸足で逃げ出してきたのでしょう。

本当に現場は信じられない光景だったに違いありません。

 

火災現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みただきましてありがとうございます。

容疑者について新たな情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。