【黒碧天死亡】コミケ初の死亡者!死因は心筋梗塞 当時の状況は?

スポンサーリンク



 

12月30日に開催されたコミケに参加していた

絵師の黒碧天さんが心筋梗塞のため1月1日に亡くなっていたのがわかりました。

 

コミケ参加時に、意識不明となり救命活動が行われていたのを

ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

今回なくなった黒碧天さんはどのような方なのか、

また弟さんのコメントや、ファンの声などをまとめてみました。

 

 

2018年12月30日のコミケで意識不明に

 

 

12月30日に開催されたコミケに参加していた絵師黒碧天さんが

会場で意識不明の重体となりました。

 

黒碧天さんが倒れた直後に、スタッフや救急隊が駆けつけ、

救命活動が行われました。

心臓マッサージやAEDでの救命活動を行ったそうなので、

この時すでに心臓が止まっていたようですね。

 

その後病院へ搬送されたそうですが、1月1日に心筋梗塞で死亡しました。

 

当時、「オタクが倒れて意識不明 心臓マッサージ&AED→救急車で運ばれる」

と半分馬鹿にするようなタイトルのスレッドがたくさん立っていましたが、

現場では、黒碧天さんを救おうと多くの方が尽力したそうです。

 

しかし、原因が心筋梗塞ということでコミケはあまり関係がなさそうです。

避けることができなかった自体だったのではないでしょうか。

 

 

黒碧天さんについて

 

黒碧天についての情報をまとめてみました。

 

・名前:黒碧天(くろへきてん)
・年齢:44歳
・職業:絵師

黒碧天さんが本格的に活動を開始したのは、ブログを始めた

2011年9月頃とされています。

 

黒碧天さんは成人向けの絵を書いていたようですね。

 

ご紹介したいところですが、少し絵が過激すぎるので

こちらのリンク で直接ご確認ください。

 

現在は、艦これを中心に絵を書いていたそうです。

 

また、こちらが黒碧天さんpixivのプロフィールです。

 

 

黒碧天さんの弟さんのコメント

 

黒碧天さんがお亡くなりになり、弟さんが黒碧天さんのブログにて

コメントを残していますのでご紹介いたします。

 

当サークル絵師、黒碧天は去る2019年1月1日に
心筋梗塞の為、親族親類に看取られながら静かに息を引き取りました。
44歳でした。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。
通夜及び葬儀は近親者のみにて執り行い、訃報のご連絡も法要後とさせて頂きました。
黒碧天逝去にあたり
たくさんの方にご迷惑をお掛けし、そしてご助力を頂きました。
皆様にお伝えしたい事がございますが、やや長文になります故
折り畳ませて頂きます。
参照元:http://blog.livedoor.jp/kurohekiten/archives/54702707.html

 

全文を載せるとなるとかなり長くなるため、冒頭のみ掲載させていただきました。

 

このほか、救命に携わってくれた方への感謝、サークルの皆さんへの謝罪、絵師さんへの配慮等言葉が述べてられています。

 

弟さん自身、大変辛い思いをしたと思います。

 

しかし、コミケに参加して多くの人が救命活動をしてくれたので

弟さんは黒碧天さんの死に目に立ち会えたのかもしれません。

 

 

黒碧天はなぜ心筋梗塞に?

 

黒碧天さんはなぜ心筋梗塞になってしまったのでしょう。

 

まだ44歳と若いのに心筋梗塞になる原因があったのでしょうか。

 

兄は、持病もなく、過去に大病を患ったこともありませんでしたが、「規則正しい生活」を営んでいるとはお世辞にも言えない状況でした。締切が迫れば連日徹夜なこともありましたし、昼と夜が逆転している生活が続いていたり、偏った食生活をしたり、喫煙もたくさんしておりました
44歳という若さで命を落とした原因は、主にそういった部分にあったことと思います。
参照元:http://blog.livedoor.jp/kurohekiten/archives/54702707.html

 

これは、弟さんが記したものです。

 

生活習慣がめちゃくちゃだったのでしょう。

絵師というのはフリーランスなので誰かが面倒を見てくれるわけではありません。

 

きっと健康診断等も行く時間がなかったのではないでしょうか。

 

2011年からこのようなお仕事をしているということは、

相当長い間体を酷使していたのではないでしょうか。

 

それが積もり積もって限界がきてしまったと。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

ツイッターの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

すごく人気で有名な絵師さんで、ツイッターでも惜しむ声がたくさん上がっています。

 

ネットには馬鹿にする声もありますが、

この絵師さんは、自分の体の限界まで自分の仕事に打ち込んだということです。

尊敬します。

 

改めてご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。