国友やすゆきさん死去 休載は病気が原因?

 

漫画「幸せの時間」等で人気の漫画家国友やすゆきさんが、

9月20日に亡くなっていたことがわかりました。65歳でした。

JUNK BOY等の多くの人気漫画を描いてきた国友やすゆきさんですが、

現在の若い方には、知名度はあまりないのではないのでしょうか。

そこで、国友やすゆきさんを追悼の意を込め、

国友やすゆきさんが、どんな方だったのか、どんな漫画を描いていたのかを

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

国友やすゆきさんのプロフィール

 

・名前:国友やすゆき
・生年月日・1953年1月1日
・年齢:65歳
・出身地:福岡県遠賀郡
・出身大学:早稲田大学

早稲田大学在学中1975年に、増刊少年ジャンプに「最後の少年野球」が掲載され、漫画家としてデビューします。

「最後の少年野球」は手塚賞で佳作に受賞されています。

もともとは、少年漫画を描いていましたが、その後は、青年誌の漫画を描き始めるようになります。

国友やすゆきさんの漫画には、登場人物が真正面を向いている絵が少なく、

西原理恵子からは柳沢きみおさんや三田紀房さんと共に「首寝違え三人衆」というあだ名をつけられていました。

 

国友やすゆきさんの作品

 

・最後の少年野球(デビュー作)
・どはずれ新鮮組
・真湖の青春 釣り日記 (原作:南條英樹)
・電撃愚連隊
・激メカライダー陽太(原作:中原誠)
・がんばれ!ガンバ(原作:中原誠)
・MAXファイター(原作:武石正道)
・特撮大作戦 ザ★トクサツマン(原作:トクサツ団)
・優と勇
・AD物語
・スープレックス山田くん(監修:古舘伊知郎 原作:篠沢純太 獣神サンダー・ライガーの若手時代を描いた漫画)

 

青年誌に移行

・JUNK BOY (500万部を超えるヒット作品)
・企画アリ
・100億の男(関西テレビでドラマ化された中期の代表作)
・せかいイチ!
・月色狂想曲
・ナンでもやります!
・OUT LOW
・ZIP!-なぐれ-
・幸せの時間(東海テレビでドラマ化)
・新・幸せの時間
・コッコちゃん
・カネが泣いている
・夜の交差点
・SPセキュリティポリス
・明日を信じて
・×一-愛を探して-
・社買い人 岬悟
・総理の椅子
・時男〜愛は時空を超えて〜
・ウタ★マロ~愛の旅人~

 

国友やすゆきさんの作品は、セクシーで過激な表現が多く、「幸せの時間」が

田中美奈子さん主演で、昼ドラの時間帯に放送されましたが、過激な性表現が、問題視されるほどでした。

 

引退は病気が原因?

 

国友やすゆきさんは、2017年に漫画を休載、実質漫画家を引退していました。

 

しかし、この引退発言は、公表したものではなく、インタビューにて答えたものだそうです。

「愛にチェックイン」の連載が終了したら、自分の名前で漫画作品を発表するのを辞めてもいいかな。

と述べていました。

これを見ると、自分の名前で発表しないことしか述べていないので、執筆活動は続けていくということになります。

 

現に執筆活動は、このインタビュー後も続けていたそうです。

なので、病気による引退、休載ではないようですね。

 

現在のところ死因等は発表されていません。

唯一、友人の漫画家がTwitterでツイートしたことにより、世間に明らかとなりました。

 

一般の方には、告別式やお通夜、お葬式等の情報も一切出ておりません。

スポンサーリンク

 

SNSの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

多くのサラリーマンやお弟子さんから愛され、漫画家として生涯を終えた国友やすゆきさん。

ボクも「幸せの時間」をドラマでみたことしかなかったのですが、

とても斬新な作品だと思いました。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。