熊本市中央区生き埋め現場は特定!土砂崩れ遺跡発掘現場で3人が生き埋め1人死亡

 

7月5日午後3時50分頃、

熊本県熊本市中央区呉服町で遺跡の発掘調査を行っていた現場で、

土砂崩れが発生し3人が生き埋めとなる事故が発生しました。

この事故で3人が生き埋めとなり、

男性1人が心肺停止状態ということです。

心肺停止だった男性が亡くなりました。

現場はどこだったのか、現場の様子等調べてみました。

 

 

熊本市中央区の遺跡発掘現場で生き埋め

 

熊本市の遺跡の発掘調査現場で5日午後、3人が一時、生き埋めとなり、男性1人が心肺停止。
5日午後3時50分、熊本市中央区で、「人が生き埋めになっている」と消防に通報があった。
警察と消防が駆けつけたところ、熊本市の遺跡発掘調査現場で3人が生き埋めになっていたという。
発掘現場から男性3人が救助されたが、1人は心肺停止で、残り2人は意識があるという。
発掘現場は、マンション建設予定地で、遺跡がないかどうかを確認していたという。
5日午後4時50分現在、警察と消防が、当時のくわしい状況を調べている。
参照元:https://www.fnn.jp/posts/00420338CX/201907051658_CX_CX

 

 

 

生き埋めが発生した現場はどこ?

 

遺跡の発掘調査が行われていたのはどこだったのでしょうか。

参照元:FNN映像 

 

報道内容から現場は、

熊本県熊本市中央区呉服町ということがわかりました。

熊本市電A系統沿いの場所であると特定しました。

 

現場はマンションを建設予定だったということで、

遺跡がないかの調査をしていたようですね。

 

 

現場の様子

 

参照元:FNN映像

 

前日の大雨で地盤が緩んでいたのでしょうか。

このようなことが起きることを予測できなかったのでしょうか。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現在男性1人が心肺停止状態です。

頑張って欲しいです。

心肺停止だった男性が亡くなったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。