甲府市集団自殺!場所特定!川窪町荒川ダムの広場で4人がテント内で練炭を使用 現場はどこ?

 

2月13日午前10時20分頃、

山梨県甲府市川窪町

荒川ダムの広場で、

男女4人がテントの中で亡くなっているのが発見されました。

 

中には燃えた練炭があり、

警察は自殺を図った可能性があるとして捜査をしています。

 

事件の詳細や4人が発見された場所等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

甲府市荒川ダム広場で4人が自殺か

 

13日午前10時20分ごろ、甲府市川窪町の荒川ダムの広場で、男女4人がテントの中で倒れているのをダム管理事務所の男性職員が発見し、110番した。いずれも現場で死亡が確認された。甲府署は集団自殺とみて、詳しい経緯を調べている。
署によると、4人は、埼玉県春日部市の50代女性と、北海道函館市の30代男性、千葉県柏市の20代男性、和歌山県新宮市の20代男性とみられ、身元確認を急いでいる。テント内に燃えた練炭があり、近くにレンタカーが止まっていた。
12日午後4時ごろ、4人がテントを設営する姿を別の職員が目撃したという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000106-kyodonews-soci

亡くなってたのは、

男性3人と女性1人で、練炭を囲むようにして倒れていたということです。

 

スポンサーリンク

 

4名が発見された場所

 

4名が発見されたのはどこだったのでしょうか。


遺体が発見されたのは、

山梨県甲府市川窪町の荒川ダム敷地内の広場ということです。

 

地図上では、展望広場を示しています。

 


参照元:山梨県

画像は、荒川ダム展望広場です。

現場は、JR甲府駅から北へ直進距離で10km離れた場所にあります。

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

4名の遺体が発見されたのは、2月13日午前10時20分頃です。

 

4人は、埼玉県春日部市の50代女性と、

北海道函館市の30代男性、

千葉県柏市の20代男性、

和歌山県新宮市の20代男性ということです。

 

4名は1台のレンタカーに同乗して現場の広場まで来ており、

2月12日午後4時頃、

管理事務所の職員がテントを張っているところを目撃したということです。

 

4人は、テントの中で練炭を囲むようにして倒れていました。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

練炭を使っていたということは、

自殺の可能性が高そうです。

4人がどのような関係性だったのかということは現在わかっていません。

 

新たな情報が入り次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。