松隈利夫顔画像は?小竹町殺人事件 父親がついに逮捕!原因は土地代をめぐる金銭トラブルか

スポンサーリンク



 

3月25日午後7時頃、

福岡県小竹町で発生した、

夫婦が殺傷される事件で、

被害者の男性の父親である

松隈利夫容疑者が殺人の疑いで逮捕されました。

 

松隈容疑者は事件後自ら首を切って入院していましたが、

4月7日逮捕されました。

事件の詳細や犯行動機について調べてみました。

 

 

福岡県小竹町殺人事件の詳細

 

 

25日午後6時45分ごろ、福岡県小竹町新多の民家で、女性から「包丁で刺された」と110番があった。県警直方署によると、50代の男女2人が刃物のようなもので刺され、男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同居の女性も負傷しており、「男性の父親に刺された」と話しているという。
捜査関係者によると、2人と同じ敷地内に住む男性の80代の父親が事件に関与したとみられ、手首を負傷するなどして病院に搬送された。署は家庭内トラブルがあったとみて、殺人事件として捜査。父親の回復を待って事情を聴く方針。男性は民家の玄関先で倒れ、女性はその近くにいた。
近くの住民(58)は「『助けて、お願い』という女性の叫び声が聞こえた。倒れている男性の腹部に包丁が刺さっていた。女性は錯乱していた」と話した。この住民によると、最近は親子で言い争う声が外まで聞こえていたという。
別の近所の女性は「数カ月前から親子のけんかする声が聞こえていた。折り合いが悪かったようだが、こんなことになるなんて」と声を震わせた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00010001-nishinpc-soci

 

 

松隈利夫容疑者逮捕

 

福岡県小竹町の住宅で50代の男女が刃物で刺され男性が死亡した事件で同県警は7日、殺人の疑いで、男性の父親で無職の松隈利夫容疑者(80)=小竹町=を逮捕した。松隈容疑者は事件直後、自分の首を切って自殺を図り、病院に搬送されていた。「刺したが、殺すつもりはなかった」と否認している。
県警によると、殺害されたのは同県飯塚市職員の英敏さん=当時(57)=で、英敏さんと内縁関係にある女性(53)も負傷したが、命に別条はなかった。2人が暮らす住宅の敷地内に容疑者宅があり、土地代を巡る金銭トラブルを抱えていた。2人は話し合いのために、容疑者宅を訪れていたとみられる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000033-kyodonews-soci

 

松隈容疑者は、自ら首や手首を切って自○を図りましたが、

病院へ運ばれ一命を取り留め、

回復を待ってから4月7日に逮捕されました。

 

 

松隈利夫容疑者について

 

現在までに明らかとなっている松隈容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 松隈 利夫
年齢 80歳
住所 福岡県小竹町新多
職業 無職
容疑 殺人

 

松隈容疑者は、被害者の息子夫婦とは

同じ敷地内に住んでおり、家が別々だったということです。

容疑に対して松隈容疑者は

「刺したが、殺すつもりはなかった」と

容疑を否認しています。

 

しかし、現場からは複数の刃物が見つかっており、

日々喧嘩のたびに「殺す」と怒号が聞こえていたそうです。

犯行後も保身のために殺意はなかったと主張しているのではないでしょうか。

 

 

金銭トラブルが原因

 

松隈容疑者の犯行動機は、

土地代をめぐる金銭トラブルだったということです。

 

事件前から言い争うことが多く、警察にも何度か相談していたということです。

同じ敷地内(土地)に住んでいたことが仇となったのでしょう。

 

被害者の男性の内縁の妻は

「家と土地は私たちのもの」と主張していたようです。

もともとここには松隈容疑者とその息子が住んでいたので、

土地の所有権は松隈容疑者にあったのではないでしょうか。

 

詳しい相続関係や所有権は現在のところわかっていませんが、

土地そのものは松隈容疑者が所有していた可能性が高いです。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましたありがとうございます。

容疑者は元から被害者の男性の父親ということがわかっていましたが、

やっと逮捕されました。

容疑を認めて欲しいと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。